暴走する世界―――グローバリゼーションは何をどう変えるのか

暴走する世界―――グローバリゼーションは何をどう変えるのか

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

避けられぬグローバル化の流れに、我々はどう対処すればよいのか。現代を代表する社会学者による提言の書!グローバル化する世界は、何処へ行くのか。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2017年05月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

暴走する世界―――グローバリゼーションは何をどう変えるのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年11月23日

    『二十一世紀における争点のひとつは、コスモポリタン的な寛容とファンダメンタリズムの対立であろう。

    情報や映像が日常的に地球上をかけめぐるグローバル化した世界では、私たちはだれしも、生活様式を異にし、思考様式をも異にする人々と、ひんぱんに出会うことになる。

    コスモポリタンは、こうした文化のふれあい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    イギリスの社会学者、アンソニー・ギデンズのグローバリゼーションを論じた本。彼はトニー・ブレア首相のブレーンであることで有名で、市場原理主義でも旧い左派でもない「第三の道」を提唱している。グローバリゼーション、リスク、伝統、家族、民主主義という5つのキーワードの意味と意義、そして、それらに予想される「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月11日

    「グローバリゼーションは何をどう変えるのか」と、副題にあるように、極めて今日的な課題である世界のグローバル化についての解析を試みるのが、この小冊子の目論見である。ギデンズは、5つの章を立て論点を簡潔に示している。西洋キリスト教社会に生きている訳ではない者にとっては納得できる部分もあるし、そうでない部...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月12日

    非常に読みやすかった。
    ギデンズの考える「近代化」「グローバル化」を土台に議論されているから、主張は明快だし受けいれやすかった。社会学者の記述の論理はときに主観的過ぎると思うことがあったけれど、この本ではそういうことを思わなかった。
    早く「近代とはいかなる時代か」を読みたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月26日

    10年前に書かれたとは思えないほどの鋭さがある。

    日本語の文体もスタイリッシュに翻訳されている良書。

    提示されている問題意識と論点は、社会学を遥かに凌駕しており、10年後になって読んでみる価値は大である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月05日

    21世紀初めの10年における、国際化社会の様相を示唆、論考した本書。ギデンズは国際化の流れでおこる社会の変化が及ぼす影響を測定不能とし、リスクを予防することを主張している。また、かれは排除のない世界を理想として掲げる。しかし、2011年、進展した国際化はより暴走し、我々(日本)はそれに適応することが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ギデンズのものの中ではとりあえずとても読みやすい。グローバリゼーション、リスク、伝統、家族、民主主義、あたりをキーワードにしながら、民主主義がグローバリゼーションを推し進めたけれどもそれはコスモポリタン的寛容とファンダメンダリスムの両方を生み出した、議会制民主主義はある種限界にきているので、国民国家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    グローバリゼーションについて社会学視点から語っている本。話題がかなり網羅的になっている分、抽象論に終始してしまった感が否めない、かも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    この本が出版されて数十年経ちデータの更新を自分で確認するのは面倒だった。グローバル・コスモポリタン社会での伝統(自然観)が面白かった。あと何度か読み直す。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月21日

    まさかの20年前の書(笑)。
    グローバリゼーションをどう捉え対応していくか、というのが主題。

    確かに、当時、グローバリゼーションという言葉がもてはやされ、そんな世界にどう対処していくのか、って議論になってた気もするー。
    と思いながら読んだ(笑)。
    古いけど、ある種今も色褪せない議論が展開されている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています