「長谷川慶太郎」おすすめ作品一覧

「長谷川慶太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:長谷川慶太郎(ハセガワケイタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1927年11月29日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:経済評論家

大阪大学工学部冶金学科卒。著書に『朝鮮崩壊 米中のシナリオと日本』、『大破局の「反日」アジア、大繁栄の「親日」アジア』などがある。経済評論家。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/24更新

ユーザーレビュー

  • 中国崩壊前夜―北朝鮮は韓国に統合される
    日々のビジネスの中で漠然と感じている中国経済崩壊の予感があった。それを著者の経験・知識と論理で説明してくれ、より説得力を増し現実のものとしてイメージできるようになった。
  • 中国崩壊前夜―北朝鮮は韓国に統合される
    読み始めると止まらなかった。中国崩壊論は以前から言われていたこともあって、中々崩壊しないからデマだったかと思っていた。しかし、この本では崩壊するという理由が理路整然と書かれてある。シャドーバンキングに始まり、人民解放軍、北朝鮮など周辺国も含めた広い視野で考えられている。しかも、それはただのスペキュレ...続きを読む
  • 素材は国家なり 円高でも日本経済の圧倒的優位は揺るがない
    素材の力の偉大さがわかる本。
    主に鉄鋼業についてだが、具体的な事例を出して展開していくので、読みやすいです。

    なかでも超電導ケーブルが気になった。
  • 世界が再び日本を見倣う日 「トランプ砲」は恐れる必要なし
    著者の博識、斬新な着眼点、独自の情報ルート、足で集めたデータに基づくミクロ的分析から導き出されるマクロ的大局は論理的で強い説得力がある。これを読めば日本楽勝という気になれるが、果たしてどうだろうか?
  • トランプ新大統領誕生で世界はこうなる
    トランプ勝利を予測した著者。

    クリントンは
    オバマケアをやめられなかった。
    貧しい人向けではなく民間の保険に入れる人にメリットがあり平等ではない。
    上から目線に女性が反感。

    マスコミは
    保守的で今までのシステムをつぶされるのを恐れトランプを批判した。

    両者とも
    TPPで低い労働生産性の産業が危...続きを読む