スクランブル イーグルは泣いている

スクランブル イーグルは泣いている

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

平和憲法の制約により〈軍隊〉ではないわが自衛隊。その現場指揮官には、外敵から攻撃された場合に自分の判断で反撃をする権限は与えられていない。航空自衛隊スクランブル機も同じだ。空自F15は、領空侵犯機に対して警告射撃は出来ても、撃墜することは許されていないのだ。F15(イーグル)を駆る空自の青春群像ドラマ!(『僕はイーグル[1]』改題)

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
633ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

スクランブル イーグルは泣いている のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年06月29日

    何と言っても読みやすい。600ページ超というボリューム感を感じさせずに、あっという間に読み終えることが出来る一冊。戦闘機がどういったものか知らなかった私でも、情景が浮かぶほどの臨場感はさすが現役パイロットと言わざるを得ない。どの層にもお勧め出来る一冊である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月04日

    久々の軍事系小説で面白いと思えた作品

    自衛隊は非常に多くの悩みをかかえている。
    軍隊でありながら(ここも解釈問題あり)、攻撃できない。武器使用規定がまったく合理的でない。
    政治的な問題で、本来の任務を全うできない素地が多いなどである。
    自衛隊の存在そのものが違憲という人までいる始末だ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月03日

    ボーイ・ミーツ・ガール。会話調でサクサク読み進められる。しかし、キャラクターの魅力を活かしきることなく、蒔いた伏線を回収することもなく、途中で強引に終わらせたような結末は違和感が残る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月30日

    専門家としてのレベルの高い話と、ご都合主義の話が混在した作品

    イーグルに載る女性パイロットといえば岬美由紀が有名だが、そっちよりはまだ現実的かな?
    まぁその分娯楽性には欠けるけど…

    まだまだ続きがあるようなんで、とりあえず全部読んでみます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月05日

     一話完結だと思って読んでいたらツヅキモノっぽくてなんだか哀しくなった本……←
     航空自衛隊が部隊という、珍しいような本。作者自身が所属していたらしく、その内部権力の陰惨さやF15の操作の情報はとても緻密かつ分かりやすく書かれているので、面白く読めます。
     憲法の話や、自衛隊の話など、現在直面してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    日本の弱点ROEの問題を考えさせられたし、現場の本音もわかるが、
     話のつながりが奇抜で違和感がある

    恋愛はいらないとおもいました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    は、ハラタツ~~~と歯ぎしりしながら読んだ。見事なまでにクズしか出て来ない。
    自分の保身と金のことしか考えていない政治家に、軍の上層部たち。自分たちの世論への影響力を考えもせず、真実など知ることかと好き勝手に騒ぎ立てるマスコミ。
    これらは今昔変わらず現代の社会でも見られる事だが、イーグルでは、最終的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています