紺碧の艦隊1 運命の開戦・帝都初空襲

紺碧の艦隊1 運命の開戦・帝都初空襲

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和18年4月18日。ラバウルを発ち最前線視察と激励に赴く途中、敵P38が接近。一発の敵弾が彼に命中、意識は途切れた…。照和の時代に生まれ変わった彼=高野五十六は、二度と同じ過ちを繰り返さぬ為に精鋭集団「紺碧会」を結成する…。

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
534ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF

「紺碧の艦隊1 運命の開戦・帝都...」のユーザーレビュー

コミックにするべきでしょう

宮ちゃん 2017年08月01日

何度も読んだがこのテーマを読者に伝えたいならビジュアル化するべきです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

太平洋戦争のうっぷんばらし

じんくん 2012年04月22日

日本が、太平洋戦争に敗戦したという歴史を受け、これを覆そうという想定の下にシナリオが進む展開になっている。日本の技術力を存分に発揮し、先を読んだ生まれ変わりのキャラクター達が、新しい技術と兵器を開発しながらアメリカに望むという展開は、太平洋戦争の歴史を知っているものとしては、胸が空くような思いがでる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月13日

荒巻義雄原作の戦記シミュレーション小説である。第二次世界大戦で戦死した人が、第二次世界大戦より以前に転生する。過去で敗北した教訓をもとにやり直すというもの。本当の大戦では、出て来ない戦艦、航空機などが出てきて面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月24日

太平洋戦争のIF物です。上手な負け方という選択が日本にあったのか?!がテーマかな。兵器物としても面白いです。日本強すぎですが、まあ、これぐらい大目に見てもらわないと、現政権をみるとやってられませんわ~^^;

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年07月11日

ファンタジー小説に分類してもいいんじゃないかとも(笑)高校のころロードス島戦記とか幻魔大戦と同時進行で読んでました、今考えるとすんごいちゃんぽんな読み方ですね〜(笑)

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,524

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!