「辻堂魁」おすすめ作品一覧

「辻堂魁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 遠き潮騒 風の市兵衛
    内容(「BOOK」データベースより)

    深川で干鰯〆粕問屋の大店・下総屋の主が刺殺された。玄人の仕業を疑った北町奉行所同心・渋井鬼三次は、聞き込みから賊は銚子湊の者と睨み急行する。同じ頃、唐木市兵衛は返弥陀ノ介の供で下総八日市場を目指していた。三年半前に失踪した弥陀ノ介の友が目撃されたのだ。当時、銚...続きを読む
  • 春雷抄 風の市兵衛
    内容紹介

    夫を、父を想う母子のため、市兵衛、代官地を奔る!


    渡り用人・唐木市兵衛は、知己の蘭医・柳井宗秀の紹
    介で人捜しを頼まれた。依頼主は江戸東郊の名主で、
    失踪した代官所の手代・清吉の行方を追うことに。一
    方、北町同心の渋井鬼三次は、本来、勘定奉行が掛の
    密造酒の調べを極秘に命じら...続きを読む
  • 待つ春や 風の市兵衛
    内容(「BOOK」データベースより)

    武州忍田は幕府の台所を支える最重要拠点である。年の瀬、公儀御鳥見役とその手下が斬殺された。領主の阿部家は追剥ぎ強盗の仕業とするが、公儀目付役は疑念を隠さなかった。同じ頃、唐木市兵衛は俳諧の宗匠を訪ねていた。彼は阿部家の元家士で、忍田までの旅の供を依頼される。破...続きを読む
  • うつけ者の値打ち 風の市兵衛
    内容(「BOOK」データベースより)

    算盤侍唐木市兵衛を、北町同心の渋井鬼三次が手下とともに訪ねてきた。岡場所を巡る諍いを仲裁してくれという。見世に出向いた市兵衛の交渉はこじれ、用心棒の藪下三十郎と刃を交えるが、互いの剣に魅かれたふたりは親交を深めていく。三十郎は愚直に家族を守る男だった。だが、愚...続きを読む
  • 秋しぐれ 風の市兵衛
    内容(「BOOK」データベースより)

    廃業した元関脇がひっそりと江戸に戻ってきた。かつて土俵の鬼と呼ばれ、大関昇進を目前にした人気者だったが、やくざとの喧嘩のとばっちりで江戸払いとされたのだ。十五年後、離ればなれとなっていた妻や娘に会いに来たのだった。一方、“算盤侍”唐木市兵衛は、御徒組旗本のお勝...続きを読む

特集