「辻堂魁」おすすめ作品一覧

「辻堂魁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/20更新

ユーザーレビュー

  • 架け橋 風の市兵衛
    唐木市兵衛を相模の廻船問屋が言伝を持って訪ねてきた。
    相手は返弥陀ノ介の許から姿を消した女・青だった。
    伊豆沖で海賊に捕らえられるも逃げ出したらしい。
    弥陀ノ介には内密にと請われ、市兵衛はひとり平塚に向かう。

    平成29年10月23日~26日
  • 遠き潮騒 風の市兵衛
    内容(「BOOK」データベースより)

    深川で干鰯〆粕問屋の大店・下総屋の主が刺殺された。玄人の仕業を疑った北町奉行所同心・渋井鬼三次は、聞き込みから賊は銚子湊の者と睨み急行する。同じ頃、唐木市兵衛は返弥陀ノ介の供で下総八日市場を目指していた。三年半前に失踪した弥陀ノ介の友が目撃されたのだ。当時、銚...続きを読む
  • 花ふぶき 日暮し同心始末帖
    内容(「BOOK」データベースより)

    柳原堤で物乞いと浪人が次々と斬殺された。殺しの夜の隅田川には奇声が響いてたという。探索を命じられた北町奉行所の平同心・日暮龍平は、絶大な人気を誇る女義太夫姉妹の存在を知る。その美しく物悲しい節回しとは対照的な、ひいき筋の旗本の異様な興奮振りを龍平は疑うが…身分...続きを読む
  • はぐれ烏 日暮し同心始末帖
    内容(「BOOK」データベースより)

    北町奉行所平同心・日暮龍平。旗本ながら部屋住みを嫌って町方に婿入りした、妙な男である。ひょろりとした痩躯に柔和な風貌だが、実は小野派一刀流の遺い手。何も知らない同僚は、雑用をおしつけ“その日暮らしの龍平”と嘲笑うが、一向に意に介さない。ある日、北町奉行から凶悪...続きを読む
  • 春雷抄 風の市兵衛
    内容紹介

    夫を、父を想う母子のため、市兵衛、代官地を奔る!


    渡り用人・唐木市兵衛は、知己の蘭医・柳井宗秀の紹
    介で人捜しを頼まれた。依頼主は江戸東郊の名主で、
    失踪した代官所の手代・清吉の行方を追うことに。一
    方、北町同心の渋井鬼三次は、本来、勘定奉行が掛の
    密造酒の調べを極秘に命じら...続きを読む

特集