金子成人の一覧

「金子成人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/06/05更新

ユーザーレビュー

  • 付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘
    金子成人さん「付添い屋六平太」新刊、第二話に火盗改めも出てきた。闇に絡め取られた男たちの描写は鬼平の「浅草・御厩河岸」を思い出させる。このシリーズ、池波作品読めなくて悶えてる人はホント全員読むべき。ドラマ化して欲しい。
  • 付添い屋・六平太 虎の巻 あやかし娘
     2巻目。

     『あやかし娘』『武家勤め』『むかしの音』『雪の朝』の4編。


    1巻目より、さらに面白くなった。登場人物に慣れてきたからかな。


     最初の短編『あやかし娘』は大して面白くなかったけど、その他の3編は秀逸。


     『武家勤め』は六平太がある小藩の世継ぎの少年(でも妾の子)を助けたこと...続きを読む
  • 付添い屋・六平太 天狗の巻 おりき
    初刊から読ませていただいています。時代小説の心地よい要素、(人情・男気・そこに女性とのかかわり)といったものがふんだんに盛り込まれており、読み手を飽きさせない、まさに私にとっては至福の小説といってよいかと思っております。当面「おりき」との関係が心配されるわけですが、女性の内面は男にとって理解に苦慮す...続きを読む
  • 付添い屋・六平太 玄武の巻 駆込み女
    太平の世に思える江戸時代にも、勿論市井の人々の悲喜こもごもはあったのだなあと、このシリーズを読む度に、再確認させられる。私が唯一読み続けている時代小説。


    いつの時代も女は強かで、惚れた腫れたは厄介だ。
    永久に変わらない様に思えた六平太と情婦おりきの関係、義理の妹の佐和との暮らしにも、少しづつ...続きを読む
  • 付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘
    シリーズももう第4弾。今回も六平太が、付添い先で関わった町人などの困りごとを解決してゆく。

    とは言っても、もうどうにもならない事もあり。知恵を絞った聞き込みや、大立ち回りの先に、人の世の無情が香るのだ。

    江戸の様々な場所が出てくるので、江戸の地図が欲しくなりました。

    お佐和さんにも好き男ができ...続きを読む