「平山夢明」おすすめ作品一覧

「平山夢明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/19更新

ユーザーレビュー

  • 恐怖の構造

    同い年なんで読めた(〃^0^〃

    内容的にわ非常に興味深い話で面白かったんだけどでも(・x・;)。。。
    「エクソシスト」と「羊たちの沈黙」がよく例えに出てくるわけです(・_・)b
    だと。この二つに御縁がない人達はたぶんちちんぷんぷんちんぷんかんぷんなんじゃないか?とへ(゜_゜へ)(ノ゜o゜)ノ
    あと。キングの話もよく出てくるけ...続きを読む
  • 恐怖の構造
    ホラー小説に対して抱いていた疑問や違和感のようなものの正体が、はっきりと理解できました。思い返してみると、怖くないなと思った作品は確かにその通りでしたし、逆に怖かった作品もそうでした。
    思えば、初めて平山さんの作品に触れたときの、なんだこれは、という衝撃は忘れられません。以来、毒に侵されたようにして...続きを読む
  • 恐怖の構造
    面白くって一気読み! 

    恐怖とは何か、不安とは何か、何と怖いと思うのか、なぜ恐怖はエンタメになりうるのか…そうそうそうだよね、と思いながら読む。映画やスティーヴン・キングについての項や、春日武彦との対談も面白かった。
  • 恐怖の構造
    全てではないんだろうが、ホラー作家が緻密な理論構築し、それを自分の「これしか無い」という表現を使って創作しているというのは驚き。もっとなんというか憑依とか勢いでガーッと書いているのかと思っていた。

    読者の右脳だけではなく左脳にも最高のカタルシスを与える作業は、もしかしたらミステリー作家よりも難しい...続きを読む
  • 恐怖の構造
    他人を驚かせることが好きだ。もちろん賞賛をもらうためのものではなく、怖さを与える意味で、だけど。
    じゃあ、怖さってなんだろうか?って考えたときに、すぐに思い浮かぶのが、幽霊などの非現実の怖さと、人間の心の闇みたいな、現実的怖さ。
    後者の方が苦手で、だから前者の方で他人を怖がらせる。
    この本によると、...続きを読む

特集