恐怖の構造
  • 値引き

恐怖の構造

作者名 :
値引き価格 570円 (519円+税) 8月24日まで
通常価格 815円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

サーカスのピエロを、たまらなく恐ろしく感じる症状を「クラウンフォビア」という。また本来なら愛玩される対象であるはずの市松人形やフランス人形は、怪談やホラー映画のモチーフとして数多く登場する。なぜ人間は、“人間の形をした人間ではないモノ"を恐れるのか。また、日本人が「幽霊」を恐れ、アメリカ人が「悪魔」を恐れるのはなぜか。稀代のホラー作家が、「エクソシスト」や「サイコ」など、ホラーの名作を例に取りながら、人間が恐怖や不安を抱き、それに引き込まれていく心理メカニズムについて徹底考察。精神科医の春日武彦氏との対談も特別収録!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2018年08月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

恐怖の構造 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    同い年なんで読めた(〃^0^〃

    チャチャイ 2018年11月09日

    内容的にわ非常に興味深い話で面白かったんだけどでも(・x・;)。。。
    「エクソシスト」と「羊たちの沈黙」がよく例えに出てくるわけです(・_・)b
    だと。この二つに御縁がない人達はたぶんちちんぷんぷんちんぷんかんぷんなんじゃないか?とへ(゜_゜へ)(ノ゜o゜)ノ
    あと。キングの話もよく出てくるけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月26日

    ホラー小説に対して抱いていた疑問や違和感のようなものの正体が、はっきりと理解できました。思い返してみると、怖くないなと思った作品は確かにその通りでしたし、逆に怖かった作品もそうでした。
    思えば、初めて平山さんの作品に触れたときの、なんだこれは、という衝撃は忘れられません。以来、毒に侵されたようにして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月12日

    面白くって一気読み! 

    恐怖とは何か、不安とは何か、何と怖いと思うのか、なぜ恐怖はエンタメになりうるのか…そうそうそうだよね、と思いながら読む。映画やスティーヴン・キングについての項や、春日武彦との対談も面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月05日

    「恐怖」と「不安」の区別、怖い小説の分類とか興味深かった。次怖い本を読むとき、ホラーなのかサスペンスなのかスリラーなのかを見極めながら読みたいと思います。最後の平山さんと春日先生の対談も面白かったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月20日

    学術的な話は少なく、かみ砕いた平易な文章で、『恐怖』に対する私見が述べられている。個人的体験に基づいた理論の組み立ては、著者個人のものでは、と思う反面、それ故に本質を捉えているようにも感じられた。
    加えて、(というよりこちらが主筋?)ホラー小説やホラー映画に関する考察もすこぶる面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    恐怖について、アカデミック?に考察してみたのが本書。
    著者の小説が大好きで大体の作品を読んでいる。作品を生み出す中で使った手法についても語られているし、映画、本など恐怖を題材にした作品の解説もありとても興味深く拝見させて頂いた。
    平山さんの最近の作品『ダイナー』でも、あたかも読者である自分が、登場人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    非常に秀逸な新書。

    本書は作家である筆者が描いているため、新書の立ち位置が非常に理解されている。「面白い」「分かりやすい」「なんだったら役に立たないけど興味が湧く」この3点を完全にカバーしている。

    精神科医?の春日氏との対談も非常に興味深い。春日氏は不安に取り憑かれる性分だと明かし、以下のように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    他人を驚かせることが好きだ。もちろん賞賛をもらうためのものではなく、怖さを与える意味で、だけど。
    じゃあ、怖さってなんだろうか?って考えたときに、すぐに思い浮かぶのが、幽霊などの非現実の怖さと、人間の心の闇みたいな、現実的怖さ。
    後者の方が苦手で、だから前者の方で他人を怖がらせる。
    この本によると、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月18日

    面白かった!
    なぜ恐いものをみたくなるのか、どの部分に面白さを感じてるのかなどがこちらに話しかけてるみたいな文章で書いてあったので学術書みたいな硬い感じじゃなくて読みやすかった。

    私は日頃そんな些細なこと不安に思わなくてもいいのにというようなことまで不安に思って思いつめて体調ガタガタになる程度には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月13日

    昔から怖い話が好きで、最近だとネットの洒落怖や、春先に発売された「日本現代怪異事典」を読んで楽しんでいる。

    なんで怖い話が面白いのか?自分でも時々考えたりしているので、本書を本屋で見かけた時に飛びついた。

    本書で個々に紹介されるエピソードはどれも面白いが、恐怖の構造については、概ね次のように整理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎新書 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング