ダイナー

ダイナー

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ほんの出来ごころから携帯闇サイトのバイトに手を出したオオバカナコは、凄惨な拷問に遭遇したあげく、会員制のダイナーに使い捨てのウェイトレスとして売られてしまう。 そこは、プロの殺し屋たちが束の間の憩いを求めて集う食堂だった―― ある日突然落ちた、奈落でのお話。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫
ページ数
533ページ
電子版発売日
2019年03月29日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ダイナー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    闇サイトで危険なバイトに応募したオオバカナコは、組織に捕まり殺し屋専門のダイナー〈キャンティーン〉に売られ、ウェイトレスとして働くことになる。店主のボンベロや殺し屋たちに何度も殺されそうになりながら、彼らの日々を過ごしていくことになる。

    オオバカナコは外に出ることを許されないため、基本的にはダイナ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月16日

    殺し屋好きには堪らなく面白かった!!
    本当に興奮冷めやらず!!
    濃すぎるキャラと他作品にはない素敵な殺し方(笑)

    で、結局·····こんだけ殺し合った理由が
    無知なのに度胸だけはあるオオバカナコの取り合い??(笑)
    ボン相手に全く怯まないカナコは最大のバカなのか、本当に根性があるのか·····だよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    アルルカン 2019年11月27日

    あてもなくなんとなく生きているオオバカナコ(この名前がうまい)がむちゃくちゃなダイナーで働くことになるお仕事小説(?)。
    裏社会のエグさグロさもあるけどそれは置いといて料理がおいしそう。読んだあときっと豪華なハンバーガーを食べたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月03日

    まず、オオバカナコという名前が(良い意味で)どうにも滑稽だった。

    内容は、在り来りの裏社会ものかと思いきや、「料理」というモチーフで迫ってくるため、非常に新鮮だった。

    暇してる人にはぜひ読んでもらいたい。そこそこ厚い本なので、楽しい冒険が出来ると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月05日

    海外旅行の資金欲しさに闇サイトのバイトに手を出したオオバカナコ。闇の組織に拷問を食らった挙句、殺し屋が集まる会員制の定食屋(ダイナー)にたったひとりのウエイトレスとして働くことになります。客たちの気に障った瞬間に即死亡という絶体絶命な状況の中、カナコはいつまで生き延びられるのか・・・
    前々から気には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2020年12月31日

    もともと気になっていた小説なのですが、先に映画を観ました。出ている俳優さんたちは素晴らしかったのですが、納得できないことも多く、原作を読もう!と購入。

    思っていたほどグロい表現はなく、一気に読み進めてしまいました!!面白かったです!
    映画では、カナコみたいな弱々しい若い女がよく生き残れたなー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月20日

    グロテスクな描写が多く「読み切れるのかぁ〜」って心配になったけどリズム感がよくて先が気になり、一気に読み切った。
    出来るなら…続編があるとすごく嬉しいのに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月05日

    後半ボス達が登場するあたりから、人物把握しづらくなったが、ストーリー展開あっていいし、ハンバーガーも超美味しそうで良かった。映画化されているようなので、さっそく見てみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月15日

    映画公開前に買って読んだ
    映画が結構、画のインパクトが強い分、あんまり説明がないところとかは、本を読んでて良かったーと思うところもあったり、本に詰まった行間や想いが表しきれてないよなーと思ったり。

    本自体どんどん読み進められて、よかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    出来心から携帯闇サイトに手を出したオオバカナコ。拷問をうけ、すんでの所で人殺し向けの会員制定食屋(ダイナー)・CanTeenに売られ、ウエイトレスをすることに、、








    拷問なんかのグロさと調理が交互にあり、それぞれに感覚が交互に揺さぶられるのは、文章描写が巧みなのでしょう。会話シーンでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ダイナー に関連する特集・キャンペーン