「早見和真」おすすめ作品一覧

「早見和真」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/18更新

ユーザーレビュー

  • イノセント・デイズ(新潮文庫)
    落胆したけれど、めでたしめでたしなのかもしれない。ハッピーエンドではないけれど、バットエンドという訳でもないのかな。と

    相手の気持ちを察すると、そういうことなのかも。
  • イノセント・デイズ(新潮文庫)

    悲しいけれど不思議と爽やかな話

    ストーカー行為の末、元彼の奥さんと二人の子供を(お腹の子供を入れれば3人)放火で殺害した罪で死刑判決を受けた女性。
    その女性を助けようとするかつての幼なじみ達の何年にも渡る奮闘を描いている。
    真相はほのかに予測していたが、ラストは…
    淡々と時が流れていくストーリーが最後になって急にサスペンスっぽくな...続きを読む
  • イノセント・デイズ(新潮文庫)
    久々にここまで引き込まれる小説に出会った。
    田中幸乃に助かってほしいと思いつつも、やったのでは?という疑問も途中に沸いてきたりし、衝撃なラストに続いていく。
    読み終わった後、すがすがしくは無いのだが、終わってしまったと寂しさを感じた。
    私が今年読んだ小説では間違いなく1番。
  • イノセント・デイズ(新潮文庫)
    内容(「BOOK」データベースより)

    田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼な...続きを読む
  • イノセント・デイズ(新潮文庫)
    切ないお話ですね・・・誰か一人でも良いから心の支えになる人が居てくれれば・・・と思わざるを得ないお話でした。

特集