6シックス

6シックス

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ヒーローだけが主人公じゃない。
補欠も就活生もお母さんも、誰だって主人公なんだ! 読むほどに人生が愛おしくなる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
毎日新聞出版
ページ数
264ページ
電子版発売日
2013年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

6シックス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月15日

    高校野球部員を題材に描いた「ひゃくはち」の著者が東京六大学野球を題材に描いた作品。
    高校で全国制覇し、「銀縁くん」の愛称でスターとなり早稲田に進んだ星を軸に彼と関わった、影響を受けた東大、法政、明治、立教、慶応の人物を描きながら秋のリーグ戦が進んでいく設定。
    ただ、各章は試合直前で終わり、試合の描写...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月20日

    東京6大学野球をめぐる短編集6編。
    6大学野球の大学の各々の立ち具合を見るようだった。
    6つの話が野球と絡み、いろんな立場から神宮をみつめた。
    洒落ていて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    六大学野球にちなんだ6つのエピソード。

    それぞれが個性的な話で最後にスポーツ新聞調でまとめが入っているのがとても面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月23日

    六大学野球にまつわる6つの話。学生時代に観た早慶戦を思い出した。早大の銀縁君が主役級だが、他の話もそれぞれにおもしろく読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月12日

    甲子園のスターだった 「銀縁君」こと、星くんを中心に 物語が 進んでいく。中盤、読み飛ばした部分があったけど ラスト、良かったです♪ ちなみに、息子中学生が ただいま 軟式野球部入部しています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月26日

    冒頭の二章(「赤門の落ちこぼれ」,「若き日の誇り」)で“銀縁くん”を中心とした野球小説の渦にぐぐっと引き込まれたけど、その緊張感が続かなかった。野球小説というより野球を中心付近に据えた青春小説にしたかったのかもしれないが、作者の意図と自分が求めてるものが違ったみたい。

    ともあれ、大学時代に六大学野...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月15日

    東京六大学の野球を中心とした六つの話し。後半がだれたが最後は良かったかな~ 2013.8.15

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月22日

    六大学野球とそのなかの早稲田のピッチャーを軸にすえた連作。各大学ごとに、いろんな立場の人物が主人公に。
    相変わらずうまい書き手さんです。ただ今作はぐぐーっとくる場面がなかったかなあ……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月21日

    早稲田大学野球部のエースピッチャー星隼人を軸に、六大学野球秋のリーグ戦を縦糸に描いた六つの物語。
    星隼人は“軸”になっているだけで、六つの話も野球の話ばかりではない。彼のライバルとか、昔の仲間とか、アンチの人とか、元カノとか、誰かの家族とかの物語。
    ずっしりと手ごたえのある物語というよりも随分軽みの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月13日

    東京六大学を題材にした 6つの短篇集。
    6篇とも関連性がありながらも
    全てが 大学野球の選手を
    主人公にしているわけではなく
    マネージャーや、女子学生、就活生、母親を
    中心とした話になっていて おもしろかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています