ひゃくはち

ひゃくはち

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

地方への転勤辞令が出た青野雅人は、恋人の佐知子から意外なことを打ち明けられた。付き合い出すずっと前、高校生のときに二人は出会っていたという。彼は、甲子園の常連・京浜高校の補欠野球部員だった。記憶を辿るうち――野球漬けの毎日、試合の数々、楽しかった日々、いくつかの合コン、ある事件、そして訣別。封印したはずの過去が甦る。青春スポーツ小説に新風を注いだ渾身のデビュー作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2014年07月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ひゃくはち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    青春
    ちょっと気恥ずかしい…でも、絶対に忘れられない様々な思いに共感しつつ、衝撃もありの冒頭からラストまで目が離せない一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月17日

    よびよせられる様に読んで号泣。
    本との出会いって不思議。

    「今」、この本に出会えてよかった。
    助けられた。勇気をもらえた。
    自分の譲れない大切なものがはっきりした。よし。



    高校球児の青春ストーリー。
    人間の煩悩の数は108。
    野球ボールの縫い目も108。
    両方共、ひゃくはち。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月17日

    甲子園の常連高校野球部の補欠部員・青野雅人の封印した過去が甦る青春スポーツ小説。著者のデビュー作。
    子を持つ身からすると、雅人の父親の存在が光る。「野球人である前に人間であれ」という教えだけでなく、期待に応えることが出来なかった、ある意味挫折した息子に対する、決して数は多くはないが愛情の溢れる言葉が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月21日

    すごい面白かった。競技は違えど、チームが大好き、勝ちたい、けど試合に出て活躍したい、けどいざ勝敗のかかった場面で出ろと言われたら嫌、みたいな気持ちもとても共感できて、感情移入して読めた。他のが文庫化されるのを期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月21日

    新感覚(←死語か?)の高校野球小説。

    主人公が名門高校野球部の準レギュラー、という設定が何とも絶妙。

    主人公といいい仲間たちといい、等身大の高校球児とゆうモノがよく描き込まれているのではと思いました。

    あ、でも、喫〇とか飲〇とか合コ〇とかのシーンは、もちろん純然たるフィクションだと信じておりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月01日

    ここ最近読んだ本でいちばんいい!スタメン争いじゃないんです、ベンチに入れるか入れないかの闘いなんです。サイン盗みとか飲酒喫煙とか合コンとか罰則で坊主とかも、リアル~
    素直なスポ根というよりは、その周辺で巻き起こる事件とか仲間との絆とか登場人物の葛藤とかそういうのが楽しめるので、野球知らない人にもおす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月20日

    著者の作品は明らかにフィクションでありエンタメ作品なのに、なぜかリアリティを感じる。緻密な取材と圧倒的な筆力がなせるのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    高校野球好きなので2倍楽しめた。
    ラストも泣けたー。
    好太。いい名前だね。親に感謝だね。
    (*´ー`*)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月04日

    青春野球もの。野球やったこと無いのに野球青春マンガや小説大好き。いやなエピソードがありそうでビクビクしながら読んでいましたが、紆余曲折あってさわやかかつ切なく読み終わりました。いいな青春。さわやかな青春なんてなかったけど、こういう素直に読める小説だと追体験したような良い気分になれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月31日

    映画を5年くらい前に見てよかったので、読んでみた!かなり映画とはちがうような…?でも高校野球のリアルなかんじがよかった。たしかに、わたしの母校はみんな練習をたくさんやってたけど、それ以外はがやがやしてたし…。
    高校球児らしくないことをしながら、夢に ひたむきっていう、矛盾してるとこがやっぱり高校生な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています