向田邦子の一覧

「向田邦子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:向田邦子(ムコウダクニコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1929年11月28日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

実践女子専門学校(現・実践女子大学)国文科卒。短篇の連作『花の名前』、『かわうそ』、『犬小屋』で1980年に第83回直木賞を受賞。作品は小説で『父の詫び状』など、脚本で『時間ですよ』、『寺内貫太郎一家』、『パパと呼ばないで』などがある。

作品一覧

2019/06/14更新

ユーザーレビュー

  • 思い出トランプ
    (そこ)は見ないふりしていた
    という(そこ)を向田邦子の筆で見せてくれる
    見なかったことにしたいけれど見てしまった
    読後感は悪いはずなのに気持ちがいい
    「皮肉の宝箱」をひとりそっと開けて
    そこに私がいた
  • 字のないはがき
    原作・向田邦子さん、文・角田光代さん、絵・西加奈子さんという豪華な顔ぶれの絵本が出たと知ったときから手に取りたかった一冊。
    ストーリーは知っていましたが、どんな絵になるのか、装丁になるのか興味しんしんでした。
    西さんの絵が温かみがあってしみじみ佳いです。

    厳しくて怖いお父さんが、小さなかぼちゃを取...続きを読む
  • 思い出トランプ
    何十年も前、職場の先輩から借りたのが出会い。家族が増えた頃、古本屋で見つけて手に入れたのが2回目。あれこれ、何かのタイミングで読み返して、何度読んでもその時の自分の有り様で、内容の意味が違う様な気になる、そんな作品。
    今回はなんとなく、人生はまだ長いんだなと
    そんな感想です。
    結局、とても好きな作品...続きを読む
  • 父の詫び状
    読み終えるまでに何ヶ月もかかった。それだけこの世界観に浸っていたい、終わってほしくないと願ってしまったのだ(実際は長い放置期間を挟んだ)。彼女の目や心を通して観る昭和初期の風景、家族の営みが、決して派手ではないけれどささやかなユーモアに満ち満ちている。断片的なのにしっかりテーマとリンクした思い出の数...続きを読む
  • 字のないはがき
    戦争時代の向田さん家族の話。普段、家族の前では弱いところを見せないお父さんが妹の無事をとても心配されていて「おうおう」と泣かれた場面に、読んでいる私も涙が出ました。戦争が終わってからその葉書の事は思い出される事はなかったのですね。思い出したくない辛い日々だったのだと思います。戦争は嫌ですね。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!