「山田宗樹」おすすめ作品一覧

「山田宗樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山田宗樹(ヤマダムネキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1965年11月02日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

筑波大学大学院農学研究科修士課程修了。『直線の死角』でデビュー。同作は横溝正史ミステリ大賞を受賞。 『百年法』、『嫌われ松子の一生』、『天使の代理人』など多くの作品を手がける。代表作『嫌われ松子の一生』をはじめ映像化されている作品も多い。『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞している。

作品一覧

2018/09/05更新

ユーザーレビュー

  • ギフテッド
    発想が面白い。
    人類の進化形というか、人の想像を超えたものを目の当たりにした時の冷静さを失う人間の行動…
  • 人類滅亡小説
    人類が滅亡するお話。発端から3世代。

    この手の話が好きで、本でも映画でも色々な原因があったけれども、エイリアンに殺されるより、地震で地面がなくなるより、テュポーンやプーニーにやられるより、一番なんかリアルに感じられました。
    大切な人を残していく、送り出す感じがいばらの王っぽかった。
    生きるけど失う...続きを読む
  • 人類滅亡小説
    かなり入り込めた。空が見渡せる場所で、赤黒い雲を探して見る程には。
    数十年という少し長いスパンで、ほぼ間違いなく人類滅亡が到来する世界。それは細菌性の赤い雲が広がることによってやってくる。(この辺の科学知識がない為、有り得る事なのか、突拍子もない空想なのか不明)
    その中で起こるであろう、様々な対処、...続きを読む
  • 黒い春
    感染・発症すると致死率100%の奇病が各地で発生、日本をパニックに陥れる。感染源は何か?診断はできないのか、治療法はないのか?という医療関係者や研究者たちの闘い、謎に包まれた歴史的な出来事との関連や家族愛も絡め、読み応えのある長編。読みながら鳥肌、震え、目眩まで感じてしまう医療サスペンス。
  • 人類滅亡小説

    面白かった

    次々と事件が起こることの面白さと、人類の存在の根拠を何に求めるかという哲学的面白さを味わえる作品。

特集