「山田宗樹」おすすめ作品一覧

「山田宗樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山田宗樹(ヤマダムネキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1965年11月02日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

筑波大学大学院農学研究科修士課程修了。『直線の死角』でデビュー。同作は横溝正史ミステリ大賞を受賞。 『百年法』、『嫌われ松子の一生』、『天使の代理人』など多くの作品を手がける。代表作『嫌われ松子の一生』をはじめ映像化されている作品も多い。『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞している。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/05/25更新

ユーザーレビュー

  • きっと誰かが祈ってる
    タイトルからして絶対泣いてしまうだろうなとは思っていましたがやっぱり最後は号泣(笑)。人として生きていく土台を作る場所、乳児院。こんなに密に過ごしていたらそりゃ離れたくなくなりますよね。どんな人だって自分の幸せを祈っていてくれる人が必ずいる。忘れてはいけない大事な事です。
  • きっと誰かが祈ってる
    2018.1.12.なぜ読もうと思ったのかは忘れたのだが、とりあえず読み始めたら止まらなくて一気読み。乳児院で担当した女の子のその後が気になった職員、温子が主人公。
    人間の記憶がはっきりするのは3歳以降。それまでに喪失感を覚えると記憶がはっきりしないために子供の心の中に取り返しのつかないつかない傷跡...続きを読む
  • 百年法 上
    近年読んだエンタメ小説の中ではピカイチ。近未来ものはあまり得意なジャンルでは無いのだけれども、ページをめくる手が止まらなかった。
  • 嫌われ松子の一生(上)
    上下巻読みました。
    僕は、この本めっちゃおもろいと思いました。
    読んでなくて、今このレビューを見てる人がいたら、是非読んでほしい。強くオススメします。
  • 百年法 上
    上下巻、数日で一気読みしました。エンタメSF的な設定が好きな人には間違いなくおすすめ。
    人類が永遠に生きられる技術が開発された、近未来の日本が舞台。
    社会が停滞するため、法律で制限を付けようという官僚たち、自分の生命を法律で決められたくない国民たち、議員たち…百年を超えても生き続ける拒否者たち…

    ...続きを読む

特集