グッバイ マイヒーロー

グッバイ マイヒーロー

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ぼくの心の中に忘れられない人がいる。何事にも几帳面で真面目な父ではなく、定職に就かず、何事にもいい加減、不まじめで、やりたいことしかしない叔父。ぼくの人生の岐路に突然に現れては混乱を巻き起こした男。いじめに遭っていた子供時代、悶々としていた学生時代、そして……。でもそんな叔父にぼくは救われてきたんだ。『嫌われ松子の一生』『百年法』の著者が、生き辛さに悩むすべての方にエールを贈る感動作! 単行本『いよう!』改題。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
角川春樹事務所
掲載誌・レーベル
ハルキ文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2022年05月15日
紙の本の発売
2022年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

グッバイ マイヒーロー のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月26日

    山田宗樹『グッバイ マイヒーロー』ハルキ文庫。

    幻の名作『いよう!』の改題、文庫化。

    切なくて、悲しくて、心暖まる物語。幻の名作という意味がよく解る。

    子供時代に憧れる大人というのは、どこか危なっかしく、気ままに生きるアウトローみたいな人物が多い。そんなアウトローな叔父に人生の節目を掻き回され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月19日

    ぼくにとっての叔父さんは、昔いじめられていたところを助けてくれたヒーロー。
    子どもの頃に憧れた大人は、大人になってから感じるよりもずっと大人で眩しく目に映る。
    定職につかずフラフラしている叔父さんも、ぼくにとってはあの頃からヒーローでずっと特別な存在。
    そして叔父さんにとっても真っ直ぐに憧れの眼差し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ハルキ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング