ギフテッド

ギフテッド

作者名 :
通常価格 919円 (836円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ある少年の体内で見つかった未知の臓器。以後、世界中で発見され、彼らはギフテッドと呼ばれる。当初、何の特徴も表れなかったが、彼らを恐れた人間ばかりが肉片と化す事件が起き、人々の心に恐怖が宿り始める。差別か、共存か。自分と異なる者に直面した時、人はどんな残酷な決断を下すのか? 人間の限界と本性が暴かれる、エンターテインメント大作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2016年08月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ギフテッド のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月06日

    発想が面白い。
    人類の進化形というか、人の想像を超えたものを目の当たりにした時の冷静さを失う人間の行動…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月25日

    自分と異なるものとの共存。差別や対立について考えさせられる重い作品。自己チューな人間の本質を思い知らされる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月24日

    著者がどう話にオチをつけるのかと思いつつ最後まで一気読み。超能力のあるものはマイノリティーで、マイノリティーは排除しようとするのが人なのね。何故最初から共存しようとは思えないのか?人間って浅はかね。
    さて、オチですが、ここだけはちょっと嘘でしょ…でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    現代は過渡期にあるのではないか。
    国も企業も医療、教育の現場も自分だけが良ければいいという人間が、リーダーになってきた。聖職の存在、大統領、社長だから人格者なんだという神話が打ち砕かれた時代。決まってこんな時代にはなにかがあらわれ常識が覆される。
    そんな小説だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月11日

    細かく言うと3.7くらい
    面白かった。途中からの物語の加速感がいい。
    (人によっては)少しだけもやっとするかもしれないけど、買って損は無い話だった。
    だが、百年法の時の高揚感を超えられなかったのは期待しすぎたからか?
    次は、人類滅亡小説だな。
    また期待しすぎて自分でコケるのだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月03日

    面白かった。ギフテッドと非ギフテッドの関係がとてもリアリティーがあって一気に引き込まれました。大衆心理と政府の方針なかなか緊張感があってよかったですね。最後の余韻も心地よいぐらいの結末でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月07日

    純粋に面白かったと感じる作品。
    続きが気になり、あっという間に読み終えてしまった。
    世界観に引き込まれて、そこから抜け出せていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月08日

    未知の臓器を持つ新人類「ギフテッド」。彼らが覚醒した時,発揮される強大な力に恐れを抱く既存の人類である非「ギフテッド。溝は深まり人類の対立は次第に大きくなる…。異質で自分たちを超える新人類に対した時現れる人間の本性は?重い問いを突きつけられているようだ。この作者さんは『百年法』『代体』に続いて3作目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月20日

    なかなかの分厚い一冊でしたが。もう、とにかく後半までは一気読みでした。

    今。コロナで未曾有の危機に瀕している。っていう点で、また違った危機に瀕する日本。
    なんとなく、きっといろんなところでこんなやり取りが起きてるんじゃないかな。と。思った。

    この時期に読むからこそ、なんだか興味深い一冊だったよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月16日

    未知の臓器を持ち、特殊能力を持った人間が発見されギフテッドと呼ばれる、、そんな設定が面白く一気に読めました。人類の歴史や世界の歴史に名を連ねる人物はもしかしてそんな力を持っていたんじゃないか、歴史が変わる時、これに似たようなことがあったんじゃないかと思ってしまうような内容でした。自分の想像力ではラス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

ギフテッド に関連する特集・キャンペーン