「西多昌規」おすすめ作品一覧

【西多昌規】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/02/17更新

ユーザーレビュー

  • めんどくさくて、「なんだかやる気が出ない」がなくなる本
    燃え尽き症候群、ワーキングメモリの機能低下や強迫的な部分が正に自分がやる気がでない原因の1つなのが、この本でようやく分かれたので、少し心に突っかかっていることが取り除けた気分です。
  • 悪夢障害
    ■夢のタイムラグ効果
    ■睡眠中に人間の短期記憶は海馬から大脳皮脂に移されて長期記憶に変換されていく。
    ■ネガティブな感情の強い体験はタイムラグが長くなる
    ■PTSDにおける悪夢がトラウマ体験となる心的外傷を受けた直後には現れず時間が経つとともに頻度も強さも増して現れてくる。
    ■夢の「見る」以外の五感...続きを読む
  • 今の働き方が「しんどい」と思ったときの がんばらない技術
    ◆マイナスの完全主義の弊害=先延ばし、後回し
    失敗を恐れるあまり「もっと調べてから」「準備をしてから」と取り掛かりが遅れる。

    ◆こんなはずではなかった→こんなこともあるんだ

    ◆80%に合格点を◎

    ◆片付けが1度で終わらなくても「やらないよりはまし」と考える。

    当てはまることがけっこう多かった...続きを読む
  • 今の働き方が「しんどい」と思ったときの がんばらない技術
    すごく為になりました。
    頑張ることは悪いことではないけれど、
    こうあるべき、
    こうしなければいけない
    などの思考に囚われすぎて
    ネガティブな完全主義に陥っていたことを自覚しました。
    ずっと自分のことを言われているようで…
    少し考え方を柔軟に捉えて
    自分を褒めることをしていこうと思います。
    不完全を受...続きを読む
  • ぼんやり脳!
    フォーカス感覚について余所で学んだ。
    今自分が気にしているものが最も影響力を持つ。
    ピントを外し俯瞰することによって違和感のあるもの、問題のあるものに気づくのだろう。
    学生時代、試験中に度忘れしたとき空中へ視線をずらす癖があったのを思い出した。意識してフォーカスを緩め、検索をかけていたのだろう。

特集