ヘニング・マンケルの一覧

「ヘニング・マンケル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/26更新

ユーザーレビュー

  • イタリアン・シューズ
    生きている事を確かめるため、冬の凍った入り江に穴を開けて裸で浸かる日課
    徐々に拡大する台所の蟻塚
    毎年直そうと眺めるだけで変わらない、シート下のボート
    島に立つリンゴの木と渡り鳥の凍った死骸

    スゥエーデンの森と湖、凍てついた風景

    用もないのに立ち寄る人と、用がない事をいう為に待つ人
    突然氷の上に...続きを読む
  • 殺人者の顔
    クルト・ヴァランダー刑事シリーズの第一作。もうこのシリーズは完結している。順番に読まなかったのはよくないかな、と思っていたが、ヴぁランダーを取り巻く人たちとは、初めて遭うのではなく既におなじみになっているのもちょっと嬉しかった。

    スウェーデンのイースタでは滅多に起きないような、残虐な殺人事件の通報...続きを読む
  • 北京から来た男 下
    ヘニング・マンケル『北京から来た男 (下)』創元推理文庫。

    ヴァランダー・シリーズではなく、女性裁判官・ビルギッタを主人公にしたノン・シリーズ。

    いきなりの驚愕の描写から始まった物語はスウェーデンに留まらず、150年もの時を超えて、アメリカ、中国に舞台を移し、展開する。

    大量惨殺事件はスウェー...続きを読む
  • 北京から来た男 上
    ヘニング・マンケル『北京から来た男 (上)』創元推理文庫。

    長らく寝かせていた文庫本。遂にヘニング・マンケルの未読の文庫本は本作のみとなった。ヴァランダー・シリーズではなく、女性裁判官・ビルギッタを主人公にしたノン・シリーズ。

    いきなりの驚愕の描写から物語は始まる。スウェーデンの過疎の村で19人...続きを読む
  • 背後の足音 上
    ヘニング・マンケル『背後の足音 上』創元推理文庫。

    クルト・ヴァランダー・シリーズ第7弾。読み順番が少し前後してしまったが……

    北欧ミステリーということで、登場人物の名前を頭に入れるのに多少苦労するものの、ストーリーは相変わらず面白い。

    夏至前夜に公園でパーティーを開く3人の若者が何者かに射殺...続きを読む