リガの犬たち

リガの犬たち

作者名 :
通常価格 1,119円 (1,018円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

スウェーデン南部の海岸に、一艘のゴムボートが流れ着いた。中には、二人の男の死体が抱き合うように横たわっていた。共に射殺。身に付けた高価なスーツからするに漁師や船員ではなさそうだったが、身元を示すような物は何もなく、ボートには製造元すら書かれていなかった。彼らはいったい何者なのか? 検死医の報告によれば、どうやら海の向こう、ソ連か東欧の人間らしいのだが……。小さな田舎町の刑事に過ぎないヴァランダーは、思いもよらない形でこの国境を超えた事件の主役を演じることになるのだった! 話題のスウェーデン警察小説、第2弾。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
443ページ
電子版発売日
2019年03月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2018年10月31日

    途中からソ連が崩壊する前後のラトヴィアを舞台にした物語に転換。旧共産圏社会が興味深いことと、ヴァランダーがラトヴィアに潜入した後のスリルある展開が面白い。翻訳が優れているためか読みやすかった。シリーズ1作目よりこちらの2作目のほうが個人的には好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月03日

    個人的にはシリーズで一番好き。ラトヴィアという国、自由のために戦う人々の姿が熱い筆致で描かれている。フィクションではあるが、ついこの前までこのような状態だったリガの街に、いつかは訪れてみたい、そう思える作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    ヴァランダー警部シリーズ2作目。
    1作目よりも断然面白かった!ソ連の影響がまだまだ強いバルト三国のひとつ、ラトヴィアでの話。
    共産主義国での緊張感がとてもよく伝わってきて、一気読みだった。
    1作目は正直言って退屈だったけど、この2作目でこのシリーズのファンになった。
    3作目も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月25日

    警察小生のシリーズの中では、少し異色のもの。殺人事件があり、死体もあるのだが、物語はその謎解きというよりも、それを捜査する人たちの国を超えたドラマになっていく。ベルリンの壁の崩壊前夜の物語。既にソ連ではベレストロイカが始まるあたりのことで、その時代背景も少し織り込まれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月18日

    のろのろした警察小説からスパイ小説もどきに進展する様は、
    進展、などといった生易しいものではなく、
    スーツをきた普通のサラリーマンが、
    いきなり歩道で駆け出したかと思ったら、ジャンプして空中で体を二回転半ひねって着地したような違和感と唐突感だ。

    しかも、そこに恋愛までからませるとは、
    そのてんこ盛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月21日

    ヴァランダーシリーズ2作目。1作目はフロストみたいな感じだったが、2作目は全然違う。ミステリーというよりサスペンス物。今回のほうがテンポもあって面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    スウェーデンの警察ものミステリのシリーズ2作目。
    田舎町イースタの警部クルト・ヴァランダーが主人公。
    妻に去られ、それなりに落ちついては来たが、警察の仕事に疲れて、転職を考えているのだったが…

    今回は、ラトヴィアという異国が主な舞台に。
    バルト三国の一つで、ソ連解体の時期に大揺れとなって、荒廃して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月29日

    瓦解する共産主義。バルト海東岸のラトヴィアで暗躍する冷たい権力闘争。不確実な自由のため戦い続ける市井の人々。
    海岸に流れ着いたゴムボートの中に高級なスーツを身にまとった二人の男の射殺死体。調査を担当する田舎町イースタの刑事ヴァランダーは、思いもよらない形でスウェーデンからラトヴィアへ国境を越えた事件...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月30日

     スウェーデンの小さな田舎町の刑事ヴァランダーが、ラトヴィアに飛ぶ。国境を越え、思いも寄らぬ大きな事件に深入りしていくことになる。人気のスウェーデン警察小説、<刑事クルト・ヴァランダー>シリーズの第2弾。この作品の面白さのひとつに主人公ヴァランダーの設定がある。 ・太り気味。ストレス。警察を辞めたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月17日

    キナ臭い世界(社会)情勢をテーマにしているもののそうした問題性を映した物語としては凡庸というか残念な作の印象。ルポ(報道)が伝えるところの圧政(暴政)の現状など易く知ることが出来るワケで、そこ(ラトヴィア)に招かれてほとんど旅行客然の主人公の暢気さに対しては、いくらなんでも・・の認識(思慮)の不足が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています