榎田尤利の一覧

「榎田尤利」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:榎田尤利(エダユウリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:7月6日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

2000年『夏の塩』でデビュー。『明日が世界の終わりでも』、『交渉人は嵌められる』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/05/24更新

ユーザーレビュー

  • 交渉人は嵌められる
    交渉人シリーズ大好きです。今回は芽吹さんの辛い過去が明らかになり、兵頭との間にも問題が発生してしまいます。展開も面白く、どんどん読んでしまいました。
  • 犬ほど素敵な商売はない
    今度加筆修正されて文庫化されるとのことでこちらを本棚から引っ張り出して復習?予習?で久しぶりに読んでみました。
    ペットラバーズシリーズはみんな面白く毛色が違っててさすが榎田先生と思った記憶はあったのですが、やはり何年経ってもいいですね。きゅんとして読み終えてもずっと頭から離れません。ますます新しく発...続きを読む
  • きみがいなけりゃ息もできない
    この頃の円陣闇丸先生のタッチが好きでした。超遅筆マンガ家豪徳寺薫子のお世話するイケメンがお母さんみたいな世話焼きです。読むと嬉しくなる漫画。
  • nez[ネ] 【イラスト付】

    大好きなシリーズ

    榎田尤利さんで作家買いです。かわったタイトルだなぁと思って購入しました。しかし、BL小説という枠組みの中では設定は奇抜ですし、良作だと思います。 反りが合わない2人で、なんだかんだ相性バッチリだなと。これから、過去の出来事がからんできそうです。 久々に続きが気になる作品に出合えて良かったです。
  • 蛇とワルツ
    ペットラバーズの最後にふさわしかった。
    このシリーズみんな良かったから終わるのもったいないな。ハラハラドキドキ大どんでん返しもありエロもエロエロで。
    『秘書とシュレディンガーの猫』の見届け人の仁摩(気障でイケメンで雨宮を昔から知ってて下の名前で呼ぶからてっきり絡んでくるのかと思ってたら、ほんとに見届...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!