榎田尤利の一覧

「榎田尤利」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:榎田尤利(エダユウリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:7月6日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

2000年『夏の塩』でデビュー。『明日が世界の終わりでも』、『交渉人は嵌められる』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/02/16更新

ユーザーレビュー

  • 優しいSの育て方
    攻くんが本当に素直で真面目で健気で無垢で…最初はすぐ赤くなる攻を仔犬みたいで可愛いなぁ〜…なんて微笑ましく見ていましたが、受の秘密を知ったあと必死で頑張る姿は痛々しく、そして終盤に向かうに従って大型ワンコな恋人らしくなっていて、なんか感無量な感じでした。
    ノンケとゲイで葛藤する作品は多々読みましたが...続きを読む
  • Love&Trust
    さすが榎田尤利先生。キャラクターが全ていい!
    主人公は美形の兄弟。
    ヤクザも一目置く存在っていうのがたまらん。
    子供を巡っての事件を追っていく中で、それぞれのキャラの性格や立ち位置が明らかに表現されるところが素晴らしい。
    今後、このキャラ達がどんな風に絡まり、そして進んでいくのか。続きがとても気にな...続きを読む
  • 犬ほど素敵な商売はない
    「ちるちる不朽の名作BL小説100選ときめく恋」に選ばれた1冊。志水ゆき先生も大好きなので挿絵でもドキドキした。
    ユキ視点で進むから轡田が何を考えてるのか分からず、ユキと一緒に不安だった。
    最後まで読んでようやく深く激しく愛していたんだなとわかりました。
    轡田の犬になることで、今まで受けたことのない...続きを読む
  • きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】

    最後に読んでよかった

    まんが家シリーズの最後に読んでよかった。
    息もできないの後にすぐ読みたかったのですが、シリーズに出てくる他の主人公が全員出てくるので、その背景を知っているといないでは違うと思います!
    シリーズ全巻読みがオススメです。
  • スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX.
    1巻で見た時は生意気な子供で周りにいる舎弟みたいな高校生とは何かトラブルあればすぐに関係が切れるような薄いモンなんだろうな。と思ってた。

    この巻まで進むまでに智紀は良い奴になったなと思ってたけど、ボディガードしてるツルとカメがすごく良い!大好き。
    トモとツルとカメ、この3人の絆を舐めてたなぁ。
    ...続きを読む