「鈴木英治」おすすめ作品一覧

「鈴木英治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴木英治(スズキエイジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年12月27日
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:時代小説家

明治大学経営学部卒。1999年、『駿府に吹く風』で角川春樹小説賞特別賞を受賞し作家デビュー。『遺言状の願-口入屋用心棒 』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/13更新

手習重兵衛 黒い薬売り
  • ブラウザ試し読み

手習重兵衛 天狗変
  • ブラウザ試し読み

手習重兵衛 道中霧
  • ブラウザ試し読み

手習重兵衛 母恋い
  • ブラウザ試し読み

手習重兵衛 道連れの文
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 植物はなぜ5000年も生きるのか 寿命からみた動物と植物のちがい
    そもそも動物と植物を同じ土俵で比べることはできないようだ。

    というのも、動物の体はほぼ全て「生きている細胞」からできているが、植物にはいくつもの死んだ細胞ありきで生きている(例えば道管は水分を根から葉へ送るために、中空状態で硬化した「死んだ」細胞らしい)。

    そうなるとそもそも生きてるって何だっけ...続きを読む
  • 手習重兵衛 刃舞
    人物が青春している鈴木英治作品!
    今回は強さを求めた重兵衛
    敵と通じ合うのも鈴木先生の作品らしい
    強敵と書いてともと呼ぶ!
  • 郷四郎無言殺剣 柳生一刀石
    気に入っていたシリーズが唐突の最終巻
    (いつまでも読み続けたい気分だった)
    色々と収まるところに収まったラストです
    (密かに再会しないかなと希望してます)
    読むべし!
  • 父子十手捕物日記
    シリーズすべて大人買い。

    テンポが良く小気味いい部分と、
    しみじみと読ませる部分の緩急が絶妙。

    登場人物のキャラも魅力的。

    「もうちょっと読みたいなぁ」と思わせる巻数で完結するのも
    なかなか、できるようでできないことなんじゃないか・・・と思う。
  • 父子十手捕物日記 なびく髪
    ぼろぼろときてしまった。
    嘉三郎との対決で毎回おもしろい…!
    今回は、三増屋、文之介くん大ピンチ!
    ハラハラしっぱなし。

    最近勇七くんがきつねくんに見えて仕方ないよ。
    もちろんおおかみさんは文之介くん。