若殿八方破れ

若殿八方破れ

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

寝込みを襲われた。いったい誰が己の命を狙うのか。辛くも凶刃から逃れた信州真田家跡取りの俊介は頭をしぼる。国元で暮らす腹違いの弟力之介の祖父にして、国家老でもある大岡勘解由(かげゆ)の仕業なのか。闇討ちの裏が明らかにならぬまま、今度は忠臣の辰之助が殺された。筑後有馬家に関わる男の所行と分かったが、俊介は思いもせぬ縁談が進んでいることを知り……。御法度である私情の仇討旅に出た若殿一行を待ち受けるのは? 傑作廻国時代活劇!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2014年06月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

若殿八方破れ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    父子十手捕物日記シリーズの後のシリーズ。
    信州真田家の跡取りが、殺されかかった。
    市中を自由に歩き回り、不正を許せず、弱きを助ける俊介は、恨みを買っていてもおかしくはないが、下屋敷の寝所に忍び込んでの殺人未遂となれば、話は変わる。

    そんな俊介を陰日向なく支え、守ってきた忠臣、辰之助が殺された。寝所...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月27日

    鈴木英治先生らしいまっすぐな主人公が
    親友の死を受け、一大決心
    倒れた父(殿様)は自分の命を3ヶ月と
    悲壮な気持ちなのに旅立ちは足手まとい
    なやと幼子付き・・・大丈夫か?

    ※26.8.27 再読

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    新幹線の中で読む本がなくなって、しかたなしにホームにあるキオスクで購入。期待してなかっただけに、読み終わった時のはまりように自分でびっくり。内容は別に今風の人間で進めても良かったのでは?と思うが。いや。登場人物の設定は時代ものじゃないと無理か。ツイツイ別巻を本屋で探して買ってしまった…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月29日

    江戸時代、真田家の嫡男がいどむ人助け、仇討ちを描く話。時代小説の場合、主人公は剣術が強いことが多いが、ここでは、真田の嫡男(若殿)はそこそこ出来るという設定になっている。だから、強い浪人には負けそうになる。でも、冷静に相手を見て戦うことで、隙を減じる術を知っている。二章ずつで話は切れているものの、人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

若殿八方破れ のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 若殿八方破れ
    712円(税込)
    寝込みを襲われた。いったい誰が己の命を狙うのか。辛くも凶刃から逃れた信州真田家跡取りの俊介は頭をしぼる。国元で暮らす腹違いの弟力之介の祖父にして、国家老でもある大岡勘解由(かげゆ)の仕業なのか。闇討ちの裏が明らかにならぬまま、今度は忠臣の辰之助が殺された。筑後有馬家に関わる男の所行と分かったが、俊介は思いもせぬ縁談が進んでいることを知り……。御法度である私情の仇討旅に出た若殿一行を待ち受けるのは? 傑作廻国時代活劇!
  • 若殿八方破れ 木曽の神隠し
    中山道馬籠(まごめ)の峠に谺(こだま)が轟いた。凶弾は俊介ではなく、材木商人の左肩を抉った。どちらが狙われたのか。後ろ髪を引かれながらも、先を急がねばならぬ仇討旅一行は、釜戸の宿で床を取ることに--しかし今度は、おきみが姿を消してしまう。仇敵の幹之丞にかどわかされたのか、それとも神隠しにあったのか。行方を捜すべく、名古屋は熱田湊へ向かう若殿たちだが……。これは奸計なのか!? 傑作廻国時代活劇第二弾!
  • 若殿八方破れ 姫路の恨み木綿
    播磨原にほど近い茶店で、狼藉を働いていたやくざ者を追い払った仇討ち旅一行。野次馬に混じっていた百姓から、かどわかされた村名主を取り戻してほしいと頭を下げられた俊介らは、どうにも見捨てられず、引き受けることに――。手助けした後、姫路城下へ入った一行は、旅籠の女中から、このところ木綿問屋が立て続けに押し込まれた、と耳にする。その夜更け、妙な気配が漂ってきて……。傑作廻国時代活劇第三巻!
  • 若殿八方破れ 安芸の夫婦貝
    隣に寝ているはずなのに、姿が見えぬ――。しばらくして青い顔で戻ってきた仁八郎の言い分が、どうにも腑に落ちない俊介だったが、気を取り直し、歩を進めることに。広島浅野家領内に投宿し、寺を散策していた仇討ち旅一行は、境内で倒れている若い女を見つけた。小指を切り取られ、首を絞められた痕があるその女は、俊介らが泊まっている隣宿の飯盛女らしい。まさか刺客の仕業なのか……? 傑作廻国活劇第四巻。
  • 若殿八方破れ 久留米の恋絣
    旅の目当ての地である筑後久留米に到着した真田俊介一行、まずは名物のうどんに舌鼓を打つ。しかし一安心も束の間、おきみの母親のための薬、芽銘桂真散(がめいけいしんさん)を仕入れる手筈となっている薬種問屋の主人の別邸が火事で焼け、一人の男の死骸が残されていた。さらに、何者かに薬を奪われてしまう。俊介はその背後に、宿敵・似鳥幹之丞(にとりみきのじょう)の暗躍を感じとる。そして、似鳥から文が届いた……。傑作廻国時代活劇第五巻。
  • 若殿八方破れ 萩の逃れ路
    海路で長州の国府、長府に入った俊介一行。宿場目指して歩いていると不審な動きをする男に会う。見ると男の月代(さかやき)には深々と一本の釘が刺さっており、俊介の腕の中で息絶えた。翌日、名刹功山寺を訪れた一行は、侍十人に襲われる二人の幼い姉妹を助ける。聞けば二人は、前日殺された男が番頭をつとめていた廻船問屋の大店、若松屋の娘であるという。俊介は姉妹を萩まで逃がす決意をするが……。傑作廻国活劇第六巻。
  • 若殿八方破れ 岡山の闇烏
    周防国(すおうのくに)で何者かに毒を盛られて倒れた真田俊介。辛くも一命を取り留めたが、なんと目が見えなくなってしまった。名医の噂を聞いた一行は岡山に入り、俊介は目の治療を受け始める。ここ岡山では藩主池田内蔵頭(くらのかみ)の命をつけ狙う者が暗躍し、池田家秘蔵の名刀大包平(おおかねひら)が盗まれるなど不穏な動きが。名医参啓も何者かに襲われ、深傷(ふかで)を負ってしまう。好漢俊介、目は見えずとも、悪を斬る!傑作廻国活劇第七巻。
  • 若殿八方破れ 彦根の悪業薬
    大坂に到着した俊介らが真っ先に向かったのは、名医が営む診療所。原因の分からぬ頭痛で難儀する仁八郎が、ひとり一行を離れ、世話になっているはず。しかし、置き手紙を残したまま、彦根へ発ってしまったと医者は言う。仁八郎の身に一体なにが起こったか? 急ぎ後を追う一行を巻き込む、恐るべき陰謀とは? さらに宿敵似鳥幹之丞の魔剣までもが俊介を襲うのか? 若殿、危機一髪!(傑作廻国活劇第八巻)
  • 若殿八方破れ 駿府の裏芝居
    大井川を渡れば駿河国──のはずが、良美たちの乗る蓮台に変事が。すんでのところで一命を取りとめたはいいが、俊介たち一行が腰を落ち着けた島田宿で耳にしたのは、半月ほど前から茶畑ばかりがいくつも燃やされている、という妙な噂。しかも、夜更けにはまたしても茶畑が付け火に襲われた。よからぬ兆(きざ)しを感じるなか、翌朝には良美が熱を発してしまい……。江戸まで無事に帰れるのか? 傑作廻国活劇第九巻。
  • 若殿八方破れ 江戸の角隠し
    念願の仇討ちを果たし、無事江戸の地を踏んだ俊介一行は、周防三田尻湊(すおうみたじりみなと)から船で先に帰らせたおきみの家へ立ち寄ることに。が、母のおはまは、「戻っておりません」と言う。愕然とした俊介は、供につけた伝兵衛の身を確かめるため、急ぎ屋敷へと走るが、いまだ姿を見せておらず……。誰かの企みか、それとも海難か? 病に臥す父幸貫(ゆきつら)の容態は? 相惚ぼれの良美との祝言を阻む困難はいかに? 傑作廻国活劇、ついに最終巻![解説/細谷正充]

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

徳間文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング