塩田武士の一覧

「塩田武士」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/11/21更新

ユーザーレビュー

  • 罪の声
    事件当時は高校生だったので、詳細までは覚えてませんが、犯人や家族、関係者の人達…本当にこの様な内容だったのでは…と思えました。本を読んで哀しい涙を流したのは久し振りでした。
  • 騙し絵の牙
    大泉洋を当て書きした主人公を塩田さんが描くということですでに面白いと分かるが、出版社を舞台に描かれる話自体がとても面白かった。速水だけでなく癖のある登場人物も良い。映像化が楽しみ。最後はあぁこう来るのねとにやり。過去部分はちょっとトゥーマッチ感はあった。
  • 罪の声
    これが真相だったのでは、と思わせる程のストーリーです。作者のこの本を書くために作家になったと言う記事を読みましたが、納得しました。
  • 罪の声
    グリコ・森永事件を題材にしたフィクション。
    2つの話が並行して進行し、中々交じり合わない展開にやきもきしながらも、とても楽しく読めました。
    映画化されるということで、新聞記者の阿久津を小栗旬を想像して読んでいたつもりでしたが、途中から粗品にすり替わってしまいました。映像を見るのも、今から楽しみです。
  • 罪の声
    私が10代の頃に世間を騒がせた未解決事件「グリコ・森永事件」。初め、カバーイラストに覚えた違和感は、結末を知ると腑に落ちるものがある。あの事件が、小説としてここまで面白いものになるとは驚き。物語の半分はテープに録音された声の主と、年末企画で文化部に所属する新聞記者が、各々に事件の真相を探っていく。そ...続きを読む