騙し絵の牙

騙し絵の牙

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

■累計発行部数17万部突破!
■豪華キャストで2020年6月映画公開!
監督:吉田大八 キャスト:大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市ほか
■2018年本屋大賞ランクイン。前代未聞の小説が文庫化。文庫解説は大泉洋。

『罪の声』の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公に「あてがき」。
圧倒されるほどリアルな筆致で出版界の<光と闇>を描く!&「速水=大泉洋」が表紙&扉ページの写真を飾る!

主人公は出版大手の「薫風社」で、カルチャー誌「トリニティ」の編集長を務める速水輝也。
中間管理職でもある40代半ばの彼は、周囲の緊張をほぐす笑顔とユーモア、コミュニケーション能力の持ち主で、同期いわく「天性の人たらし」だ。
ある夜、きな臭い上司・相沢から廃刊の可能性を突きつけられ、黒字化のための新企画を探る。
大物作家の大型連載、映像化、奇抜な企業タイアップ。雑誌と小説を守るべく、アイデアと交渉術で奔走する一方、
巻き込まれていく社内政争、部下の不仲と同期の不穏な動き、妻子と開きつつある距離……。

交錯する画策、邪推、疑惑。
次々に降りかかる試練に翻弄されながらも、それでも速水はひょうひょうとした「笑顔」をみせる。
しかしそれはどこまでが演技で、どこからが素顔なのか?  やがて、図地反転のサプライズが発動する。
出版業界の現状と未来を限りなくリアルに描いた群像小説は、ラストに牙を剥く!

出版界の未来に新たな可能性を投じる「企画」で、各メディアで話題沸騰! 
吉田大八監督で2020年6月映画公開。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2019年11月21日
紙の本の発売
2019年11月
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

騙し絵の牙 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    映画も観たくなりました

    pappy 2021年05月18日

    塩田武士さんの小説にある歪み。
    今回も遺憾なく発揮されており、一気読みしていまいました。
    「罪の声」「デルタの羊」「歪んだ波紋」と読んでいますが、未知の領域へ丁寧な取材がなされたと感じるわざとらしくない文章に好奇心が止まらず、読み進めることが出来ました。
    映画の登場人物相関図を見るとかなり内容が変わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月15日

    面白かったです。やりとりする会話の内容が、良かった。
    エピローグの部分は、「罪の声」と背景が似ている気がしました。タイトルの意味もそこでようやく繋がりました。
    俳優の大泉洋は好きですが、文庫本には「これでもか」という位に大泉洋の写真が出てきて、少し興醒めでした。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月12日

    驚くほどの一気読み!!
    おそらく小説の中でも少し長いほうに分類されると思うが、気づかないほどに読み切ってしまいました。
    ・主人公の速水と周りの人たちとのユーモアがあり軽快なのにどこか知的さがあるやりとり
    ・速水の仕事や関係者への向かい方や考え方
    ・最後のタイトル通りの大逆転
    など本当に素晴らしかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    仕事は人が大事というのをあらためて勉強になった。大泉さんファンとして読む面白さもまた好きだった。出版に限らず、この話はたくさんの業界に言えること。何を軸に置き、何を重要視するか。変化が激しい今だからこそ、自分の中で揺るぎなく変化しない信念が必要だと思う。それを改めて考えさせてくれた作品。出版業界を学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    エピローグが凄い良かった!もうエピローグの内容だけで一冊書いて欲しいくらいに(^^;)洋ちゃんをあてがきにと思うと速水が格好良すぎて、もっとハチャメチャな感じに…と思ったけれど、エピローグを読んで納得(^^)映画はどんな感じなのかなぁ?o(*゚∀゚*)oワクワク

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月30日

    粘りつくような焦燥感が、出版業界の今を表す。主人公が大泉洋だと思い描いて読まざるを得ないので、それが何だか新鮮だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月27日

    大泉洋さんをあてがきにした本、とのことで読み始めたところ一気読み。頭に人物像があるからかサクサク読めた。また、この人は俳優に当て嵌めるなら誰だろう?と考えるのも楽しかった。

    人物に癖があって展開が面白く、エピローグを最後まで読んで『騙し絵の牙』というタイトルの意味がわかった気がした。

    映画は登場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月20日

    俳優大泉洋をあて書きしたという小説。2021年、映画化もされて公開されました。

    元々は大泉が『ダ・ヴィンチ』の表紙になるたびに、担当編集者に「何かお薦めの本ない?」「映像化されたら、僕(大泉)が主演できるような作品をね」と言っていたことから、担当編集者が「じゃぁ、もう私が大泉さんを主人公としてイメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    ホントに三万二千円の本を出版してやっていけるのか?

    騙されました。映画を観て、めちゃ面白くて、幾つか確かめたくて本書を紐解いたのに、90%違う話でした。よって、冒頭の私の素朴な疑問の答は分かりません(映画のネタバレと言うなかれ。この一言で、映画ストーリーが予想できたら尊敬します)。映画と同じく、作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月15日

    大泉洋を「あて書き」して書かれたという作品。
    出版社や文芸界を舞台にしたヒューマンドラマ、という感じ?出版社ってこんな感じなのかなぁ、というのが分かったし、現代の世相を色濃く反映していて、「リアルだなぁ」と思った。
    私は小さい頃から本に囲まれて育って、身近にあるエンタメが本だったから、アニメやマンガ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

騙し絵の牙 に関連する特集・キャンペーン