罪の声

小説20位

罪の声

作者名 :
通常価格 993円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、本屋大賞第3位。圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。「これは、自分の声だ」――京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品からカセットテープとノートを見つける。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2019年05月15日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB

「罪の声」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月16日

すごく面白かった。
グリコ・森永事件を全く知らなかった自分がのめり込むぐらい、よく練られていると思う。こういう本が評価されるのは嬉しいこと。
父にあらすじを話して勧めたら、さっそく購入していた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月10日

自宅で見つけた古いカセットテープに録音されていた音声。それはかつて、日本を震撼させた脅迫事件に使われた幼い子どもの声だった。昭和史に残る重大未解決事件を圧倒的リアリティで衝撃の真実を捉えた傑作。
まるでノンフィクションのようなリアルさを感じる。私たちの年代にとって『グリコ森永事件』は大人の事情や複雑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月10日

子供のころの自分の声が脅迫事件に使われていた。普通の家庭に育ったと思っていた自分と家族の真実を求める一人の男。それほど熱心に仕事をしているわけでもない新聞記者が、昔の未解決事件を追って取材を進める。二人が出会ったからこそ見えてくる事実がある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月09日

久しぶりにページをめくる手が止まらず夜通し読んでしまった。
面白かったというのは現実の事件をモチーフにしているから不謹慎かもしれないが、最初から最後まで面白く読めた。
映画化したものもみてみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月08日

プロローグでいきなり気持ちを鷲づかみにされた。

ページ数もそれなりにある作品だが、ストーリーがドンドンと展開していくので引き込まれるように読んだ。
実際に起こった事件にもとづくフィクション作品ではあるが
事件の構図の面白さやリアル感が隅々に感じられて面白い。
話の展開が新聞記者が取材を通して追求し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,757

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!