【感想・ネタバレ】相棒 season6 上のレビュー

書店員のおすすめ

説明いらずの国民的人気ドラマ「相棒」のTVシリーズをノベライズ。
ファンにはおなじみ、輿水泰弘さん、櫻井武晴さん、砂本量さんらの脚本をもとに、
デビュー作『中空』で第21回横溝正史ミステリ大賞優秀作を受賞し、
数々の作品がミステリランキングに輝く碇卯人先生が筆を執っています。

全12話を9話に再構成するなど、ドラマ版とは差があるものの、
作中の脳内再生率は抜群。
右京さんの「〜ですねえ」といった語尾や、
小説なのになぜか表情がはっきりと想像できてしまう亀山くんに
ついついニヤリとしてしまいます。

初代相棒の亀山(寺脇康文)はもちろん、ドラマ通りの流れで2代目の神戸尊(及川光博) 、3代目の甲斐享(成宮寛貴)、そして4代目の冠城亘(反町隆史)と、歴代相棒も大活躍。
また、鑑識の米沢やイヤミの多い伊丹、上層部のお偉いお歴々などもバッチリ登場しています。

もう一度復習したいという方、
未履修なのでこの機会にという方、
ドラマとは違う角度で世界観を味わいたい方、つまりはみなさんにオススメです。

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ購入済み

まだまだ続く….….

boof 2022年03月13日

まだ、見たことの有る話が続く….….
しっかり覚えていた話も有るけれど、記憶が曖昧な話も有って、見た時の興味深さや感動などで、記憶の程度にも、差が出るんだなぁと、思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月01日

テレビシリーズの相棒を観ていなかったので、あまり期待していなかったが、
1話完結の話はストーリーが凝っていて小説としても十分楽しめた。
テレビのドラマの脚本を基にしているので会話の流れが多いが、
1話1話のストーリーが、その時放映時の社会的問題事例を扱っているのに、
事件とその結末がうまくまとまって...続きを読むおり、楽しんで読むことが出来た。
裁判員制度の問題点を浮き彫りにした第1話「複眼の法廷」。
人間臭い刑事が事件に利用された「陣川警部補の災難」。
女性小説家とその主人の偏執的な愛情を描いた「蟷螂たちの幸福」。
ストーカーの問題を取り扱った「TAXI」。
裸婦の絵に隠された秘密を暴く「裸婦は語る」。
臓器移植とカリスマミュージシャンを扱った「この胸の高鳴りを」。
作家と亡くなった編集者の確執から公害の社会問題を取り上げた「空中の楼閣」。
爆破脅迫の身代金20億のダイヤを鳩が持ち去った「正義の翼」。
取り調べ映像の問題点を浮き彫りにした「編集された殺人」。
上記9話が収録されている。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月24日

【あらすじ】
裁判員制度を導入前にテーマとして扱い、その危うさを抉り出した名作「複眼の法廷」をはじめ、企業社会の欺瞞とジレンマをリアルに描いた「空中の楼閣」や「正義の翼」、そしてあの武藤弁護士が再登場する「編集された殺人」や「陣川警部補の災難」など劇場版へと盛り上がりを見せる9篇!

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月15日

複眼の法廷
陣川警部補の災難
蟷螂たちの幸福
TAXI
裸婦は語る
この胸の高鳴りを
空中の楼閣
正義の翼
編集された殺人

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月31日

読み返してみると隠れた名作が多い巻だったなと。

『複眼の法廷』『編集された殺人』など
テーマや問題提起が壮大で誰が見ても名作だといえる話がある一方で
事件の被害者や関係者の想いや行動という観点から見て
『蟷螂たちの幸福』『この胸の高鳴りを』『空中の楼閣』の3編がお気に入り。
悲しい結末なんだけど、...続きを読む悲しいだけで終わらない感じが共通しているように思う。
そしてやっぱりバンドものには弱いというところが露呈されたのであった(笑)。

ドラマ本編では出てこなかった(と記憶している)『この胸の高鳴りを』の歌詞が
個人的には最大のボーナストラックだった。
『剥がれ落ちてく皮膚のように 君のぬくもり 確かめられない』という
あまりラブソングでは使われなさそうな言い回しも相棒らしくていい感じ(笑)。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月09日

連ドラになる前から見ていた・・・のに、仕事やら何やらで忙殺されて中々リアルタイムで見られなくなり、久しぶりに見れたら何と相棒が変わっていて全然見なくなってしまったorz
なので、小説版と映像の違いは分からないですが、読みやすくて好きです。
月に1冊づつ買って集めて、ようやく新刊(って書いてあった)に...続きを読む追いつきましたとさ。

本格なハナシから割とライトなものまで(台詞でこいつアヤしい!って分かるのもあり)、通勤通学に丁度良い感じ。
裁判員制度を扱ったチャレンジな一作もあり。

シリーズ化したからか、以前の事件にからめてとか延長にあるような話もチラホラ。
なので、以前のシリーズご存知ないとかワタシのように間が開いてしまってる場合は順序よくお読みになってみてくださいまし。ただし、放送順に発刊されているワケではないのでその点だけご注意を。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月04日

『複眼の法廷』
裁判員制度は素人に司法の重みを抱えきれるのか、を考え切れているのか。人間同士が関わる以上、刑罰に復讐感情を乗せる、敢えて排除する、どちらも恣意っちゃ恣意だし難しい。
『陣川警部補の災難』
アクティブファンドは大抵インデックスファンドに勝てないとのことですが…皆自分が許容できるリスクで...続きを読む投資しないといけませんな。
『蟷螂たちの幸福』
こういう話好きや。やってることは完全に私利私欲なんだけど、2人の中で完結してるのが美しい。
『TAXI』
ストーカー怖いな。彼女ゲットの為に彼女のストーカーになるとか、上手くいった後で絶対バレるやつやろ…
『裸婦は語る』
コンプレックスについて本人の意向を無視していいかというとな……伊達政宗なんかは肖像画は両眼で描いてって言い残してた位にやっぱり辛いよ。
『この胸の高鳴りを』
松崎しげるが頭を過ぎるタイトル。ビジネスキャラを辞めるって利害絡みまくりだから難しいだろうな。
『空中の楼閣』
作家先生の最後の啖呵すごく好き。いい奴だ。
頼んでいるなら、人の仕事をばかにしてはいけない。
『正義の翼』
鳩怖い……理想の為に犠牲を払うのは仕方ない、と言っていいのはそれが関係ないくらいのちの世の人だけ。
『編集された殺人』
発言の一部を抜くと印象が驚く程変わる。要約されたものを読む時は、あくまでもその人にとっての要約であることは意識しないとな…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月29日

2007年7月から12月にかけて放映された作品のノベライズ版。

複眼の法廷
陣川警部補の災難
蟷螂たちの幸福
TAXI
裸婦は語る
この胸の高鳴りを
空中の楼閣
正義の翼
編集された殺人

相変わらずスラスラ読めて、それなりに面白いが、こうやってタイトルを並べてみても、あまり印象に残った作品はなし...続きを読む
薫役の寺脇康文が1年後にはシリーズから卒業、降板の兆しか・・・

(2010/7/14)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月03日

このシリーズは、本放送で見ていた作品がいくつもあるので、思い出すのに役立ちました。「複眼の法廷」は、活字で読むとすごい話だと改めて感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月21日

シーズン1から毎号読んでいますが、シーズンが新しくなるたび、わたしの中の記憶もより鮮明によみがえるのです。
だからこそ、脳内再生される相棒と、実際のドラマとの比較がおもしろく、「 」でセリフが出てくると、自動的に水谷豊or寺脇康文の声で流れます。
シーズン1から順番に追いかけなくてもいいのが相棒の魅...続きを読む力。
杉下右京&亀山薫の名コンビ、掛け合いがとってもおもしろいですね。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング