【感想・ネタバレ】相棒 season5 上のレビュー

書店員のおすすめ

説明いらずの国民的人気ドラマ「相棒」のTVシリーズをノベライズ。
ファンにはおなじみ、輿水泰弘さん、櫻井武晴さん、砂本量さんらの脚本をもとに、
デビュー作『中空』で第21回横溝正史ミステリ大賞優秀作を受賞し、
数々の作品がミステリランキングに輝く碇卯人先生が筆を執っています。

全12話を9話に再構成するなど、ドラマ版とは差があるものの、
作中の脳内再生率は抜群。
右京さんの「〜ですねえ」といった語尾や、
小説なのになぜか表情がはっきりと想像できてしまう亀山くんに
ついついニヤリとしてしまいます。

初代相棒の亀山(寺脇康文)はもちろん、ドラマ通りの流れで2代目の神戸尊(及川光博) 、3代目の甲斐享(成宮寛貴)、そして4代目の冠城亘(反町隆史)と、歴代相棒も大活躍。
また、鑑識の米沢やイヤミの多い伊丹、上層部のお偉いお歴々などもバッチリ登場しています。

もう一度復習したいという方、
未履修なのでこの機会にという方、
ドラマとは違う角度で世界観を味わいたい方、つまりはみなさんにオススメです。

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ購入済み

まだまだ….….

boof 2022年03月09日

まだまだ、見たことのある話が、続く….….この巻の話も、全部、見たことが有ったし、覚えていた。
やっぱり、薫ちゃんの相棒が、一番だね。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月24日

【あらすじ】
亀山薫に代わる新・相棒で話題の「シーズン8」の放映に合わせ、ノベライズシリーズも続巻を刊行開始! 放映開始から6年、ファンが圧倒的に増えた「シーズン5」から順次ノベライズ。まず本巻は、若き日の杉下右京を髣髴とさせる「杉下右京、最初の事件」、右京と犯人との取調室での会話劇が見事な「せんみ...続きを読むつ」、ダシール・ハメットのパロディが楽しい「名探偵登場」など、粒ぞろいの10篇をおさめる。

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月17日

巻末の解説は、漫画家の内田かずひろ氏。そっくりのイラストもさることながら、ストーリーも秀逸!さすがです。

13/03/07-28

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月27日

亀山薫新婚の巻、ですね(笑)。

ゴッドタンぶりを発揮したり、握手した手の状態から真犯人に気付いたり、
相棒としての薫ちゃんの存在感がじわじわと大きくなってきたseasonだと思う。
『せんみつ』とか『名探偵登場』とか、今思い返しても名作が多い気がする。
亀山時代ではこの辺の時期がいちばん面白かった...続きを読む。個人的には。
文章にしてもその雰囲気を存分に味わえる、お得感いっぱいの本だと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月13日

2006年10月から12月にかけて放映されたもののノベライズ版。
薫と美和子の結婚が本当だったんだなぁ。。。から始まる。

相変わらず快調。安心して読める。

(2010/3/8)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月01日

右京さんと薫ちゃんのコンビがすっかり定着していてにんまり。
「君がいてくれて助かりますよ」って、これ以上ない、相棒を認めた言葉だと思う。それを、口にすることだって、最初なら考えられなかっただろうに、と思うと感極まる。涙出る。
そうだ! 伊丹さんがとっても可愛いのでした。笑。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月27日

『杉下右京 最初の事件』
認知症になったおばあちゃま可愛かった。家族を守るために家族が殺されるのは辛い。
『スウィートホーム』
窓をガタガタやったら鍵が開く家によく住んだよね、警察官なのに。
『犯人はスズキ』
イエス ロリータ 、ノー タッチ とはこのこと。
『せんみつ』
捜査一課三浦の故郷話が絡む...続きを読む話。しかし、温泉って掘ったからと言ってでないのでは…
『悪魔への復讐殺人』
相棒お得意の自分がやったんです。美咲先生辛すぎるな…
『ツキナシ』
ツキをやたらキーワードにしてるけど、本編中ではそれほどでもないんだよな…あんまりやりすぎてもコミカルになりそうだけど
『剣聖』
伊丹関連のなかではコメディ色がない事件。右京あんだけ強くした意味…
『赤いリボンと刑事』
相棒お得意の時効…事件よりも親子関係がメイン。ラジオ聞いてる人意外と多いんですかね。
『殺人ワインセラー』
バカにされたことでバカにする様になったのかな、完璧さへの強迫観念というか。ワインの味についてはさっぱりわからない。
『名探偵登場』
いい味出してるんだろうけど、元ネタ読んだことないんだよね…知識がないと、こういう面白みがわからないのは損

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月04日

やっぱり右京と薫のコンビは息がぴったり。
読んでいるうちに、彼らの姿が眼に浮かびます。
倒叙型ミステリ。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング