大宮エリーのレビュー一覧

  • 大宮エリーの なんでコレ買ったぁ?!
    まずね、この装丁の絵。しりあがり寿先生じゃありませんか!!!それだけでテンションが上がりました。相変わらずエリーさんご自身が面白い。私は同じ物を買う事はほぼしないので、エリーさんの心理とか衝動は理解しにくいけど、そういう人っているので笑えました。エリーさんの文章に寿先生の絵。私にとっての最強コンビだ...続きを読む
  • 大宮エリーの なんでコレ買ったぁ?!
    日経MJで連載されていた大宮エリーさんのコーナーをまとめた内容。スマホの充電器やぬいぐるみ、キーホルダーなどつい買ってしまいがちな小物について購入した経緯が面白かった。
    #読書
    #大宮エリー
  • 思いを伝えるということ
    思いを伝えるということは、とても難しいです。
    自分を省みても、一言足りないことや、言葉を探すことが苦手という、駄目なところばかり目につきます。それから、「こう言ったら、こう思われるかもしれない」にがんじがらめにされているところもあります。
    でも、この本を読んで、それでも思いは言葉にしなければ伝わらな...続きを読む
  • 思いを伝えるということ
    ざーっと読み進めていったら、「シャッターとたき火」以降で泣いた。
    人間関係に疲れた時、失恋した時にまた読み返したい。

    「その時々の火の様子を 味わう、楽しむ
     今は辛くても 心の中の様々な火の様子を 楽しむのです」
  • 思いを伝えるということ
    人には見届けなければいけない
    想いのたき火がある。
    揉み消してしまうことなく、
    手をくだしてしまうことなく、
    灰になる最後の瞬間まで
    見届ける。

    なるほど、そうか、と思った。

    消えないたき火じゃなく、
    逃げない自分、
    見届けられる自分になりたかったんだと気づいた。
  • 思いを伝えるということ
    今、気になっている人がいるんですが、なかなか声がかけられなくて、なんて根性なしなんだと自分を責めてました。思いを伝えないと、せっかく芽生えた思いがなかったことになってしまう、というところか胸にグサッと刺さりました。
    根性出して伝えてみたいと思います。
    その日から何かが動き出すことを信じて。
    答えがど...続きを読む
  • 生きるコント
    辛酸なめ子さん同様、エリーさんファンで
    破天荒な学生時代からはじまる本著は
    一気に読み進めることができる

    去年、ライブペインティングを観に行って
    瓶ビール片手に素敵な絵を描かれたエリーさん
    最終的に瓶ビール3本空けてたけど
    まったく酔っ払った様子もなく
    お客さんとの写真撮影に応じられていて
    ますま...続きを読む
  • 思いを伝えるということ
    当時、「アテンションプリーズ」にすごく感銘を受けた。
    あの個展本当によかったなぁ。

    友達がプレゼントしてくれた一冊。当時の感情を思い出してそわそわした。
  • 思いを伝えるということ
    今の私にとても必要なことが書かれていた。
    ぐっときた。

    自分自身を追い詰めてしまっていたり、疲れている人に読んで欲しい気持ちがします。
  • 生きるコント
    多彩な才能を持つ大宮エリーさんのエッセイ。本当にこんな事が起こったのか!?と驚いてしまうほどのエリーさんの日常。ひとつのドタバタコメディを見ているように、肩の力を抜いて読む事ができた。ここには毎日の生活を少しでも面白くできるヒントが隠されている!…かもしれない。
  • 生きるコント
    なんないいなぁ〜と思った。
    何も考えないで読めるし、1つのお話が5ベージ程度で少し空いた時間に読みやすい。
    仕事帰りの電車内とか、仕事とプライベートの区切りに読んでました。
    爆笑までとはいかなかったけど、少しくすっとして普通に面白かったな〜
  • 生きるコント
    大宮エリーさんのエッセイ。
    外では読めない。本当にコントそのもので笑いをこらえるのが大変。
    次から次へと驚きと笑いの連続。エリーさんの行動力と度胸に脱帽。エリーさん、すごい方です。
  • 生きるコント2
    なんか心が元気なくしてていつも読むような小説受け付けないな、ってときに、タイトルと直感で選んだ本。
    結果、ナイス私の直感。
    コントとまではいかないけど、凹んでいる自分が少し馬鹿らしく思えるくらい元気もらいました。
  • 生きるコント
    めっちゃ笑った。特におかん犬とリオのカーニバルの話が面白かった。タイトル通り生きてるだけで面白いことが起きる大宮エリーさんの人生が素敵すぎる。大変なことも全部笑いに変えられる明るさにこっちまで明るくなれる。
  • 生きるコント
    3年前、某大手出版社の4次面接。待合室でこれ読んでました。

    就活で私はものすごくネガティブになっていて、ほとんど病気でした。そんなときに現状を打破するような、底抜けに明るい本読みたい!てなったんですね。

    で、これね。ちょー面白かった。大宮エリーの自伝的エッセイ。
    東大薬学部在学中、国家試験をサボ...続きを読む
  • 生きるコント
    おもしろくて、おもしろくて、一気読み!!
    終始にやけたり、ふきだしたり。
    本当に、生きることが「コント」のエリーさん。
    びっくりするような大胆で豪快なことを
    されるのだけれど、根底には、
    「生まれてきてゴメンナサイ」の謙虚さや、気遣いがある。

    人が憧れる、驚くようなすばらしい仕事をしている
    のに、...続きを読む
  • 生きるコント
    生きてるだけで全てが笑える。
    自分が真剣であればあるほど、
    周囲から見ると本気で笑えてしまう。
    そう思えると、楽しく生きていける気がする。
  • 生きるコント2
    1に引き続き。
    やっぱり面白い!!エリーさんをすごく好きになった。面白すぎる〜。元気がなくなった時にもう一度読んでみよう。
  • 生きるコント
    エッセイ。この本で、大宮エリーさんをはじめて知った。面白くてエネルギーがあって、頭の切れる人。偶然周りで面白いことが起きるのではなく、日頃の行動、考え方、好奇心が、面白いことを呼び寄せていると思う。
  • 生きるコント
    私にとって、読むとパワーをもらえる本というのは、この本だ!と思った。

    災難といしか言いようがないことが起こっても、辛い・・・と感じた上で面白く乗り越え、さらにネタにして本にしてしまっていることにパワーを感じる。

    辛いことがあったとき、立派な人はそれをプラスに捉えることができるが、私にはそれができ...続きを読む