倉本聰の作品一覧

「倉本聰」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 破れ星、燃えた
    著者は、これまでも多くの著書で、半自伝的なものを書いてきたが、これもその類と思っていたら、これが遺作となるのではないかと思わせるような力の入れかたを感じた。力が入ったと言っても、そこはプロの脚本家、面白愉しく読ませてくれます。
    これまで知らなかった話も多く、著者の引き出しの多さを感じます。

    前作「...続きを読む
  • 破れ星、流れた
    脚本家倉本聰の書下ろし自伝エッセイ。父との思い出を語る前半と大学受験から業界入り、脚本家になるまでの後半の二部構成。

    作家の作品はその作家の人生そのもの。完全な創作ということはありえず自己のそれまでの人生が繁栄されるもの、そんな思いを本書を読み強くする。

    特に前半、父との思い出。野鳥観察と俳句、...続きを読む
  • 『北の国から』黒板五郎の言葉
    ドラマをリアルタイムで観ていた人にとっては
    涙が止まらない一冊です。

    当時、ほとんど一回しか観ていないはずなのに
    なぜあんなに鮮明に色々なシーンを思い浮かべ
    ることができるのでしょうか。

    同じ時代を生きることができた人は本当に幸せ
    であったと思います。

    本当に本当に黒板家が隣人や、親戚のように...続きを読む
  • 古木巡礼
    「自然の声に耳を傾けろ」という著者のセッセ
    ージが込められています。

    なのに自然破壊は止まらないです。

    もうそれならば自然の声を聞かせてあげよう、
    とばかりに古木に今の人間がどう映っている
    のかを語らせています。

    人の有史よりもはるかに長い年月を生きている
    古木の眼差しは鋭く、厳しく人間を見て...続きを読む
  • 『北の国から』黒板五郎の言葉
    ドラマを見ていた頃にタイムスリップ。私以上に一生懸命見ていた母の姿が浮かんできました。
    倉本聡さんが対談番組でご自身の少年時代の経験がこの作品を書かせた、父親は最高のものをくれたと言われていました。経済的には恵まれなかったけど、お金では買えない宝物をくれたとも。親子関係とはそういうものかもしれません...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!