愛川晶のレビュー一覧

  • 六月六日生まれの天使
    なんだか評価があまり良くないみたいだからどんなもんかと思ったけどそれなりに楽しめた。
    ただ最後まで読んで見たけどちょっとわかりにくかったなぁ。えっどういうことってもう一回読みたくなっちゃうけどそれが作者の思う壺なんだろうなぁ。
    ただ自分の記憶が信じられないってことほど怖いことってないなぁって思った。...続きを読む
  • 高座のホームズ 昭和稲荷町らくご探偵
    これまでのシリーズよりも、読後の爽やかさが少ないかなあ。展開も聊かもっさりした感じがしました。
    爽やかさが少なく感じたのは、謎のせいかな。それから人間関係?稲荷町は鮮やかなお手並み、という感じで、そして奥様も大層良い感じなのですけど、そこに行くまでがどうももっさりしているように感じました。
    もちろん...続きを読む
  • 高座のホームズ 昭和稲荷町らくご探偵
    落語ねたの新シリーズなので、楽しみに酔い始めた。
    しかーし、実在の人物をそんなに登場させても大丈夫?
    謎も、落語とは関りがあまりなかったしなー。
    寿司屋の話は、そうだろうなーと思ったとおりでちょっとうれしい。
    次は、既存のシリーズの新作をよろしくなのです
  • 化身
    展開が気になりすぎて、推理そっちのけで読んでしまいました…
    でも、なんだか読後感はすっきりしない。
    面白かったことは面白かったのだけれど、坂崎先輩の正体(?)の蛇足感とか、真相に関わってくる女性の唐突感(所々ざっくり読みのせいかもしれないが)とか、度々突っ込まれる恋愛未満要素のテンプレ感とか、インド...続きを読む
  • 神楽坂謎ばなし
    就活の面接の帰り道に寄った本屋で見つけました。神楽坂に近かったこともあり、運命のようなものを感じ購入しました。
    『死ぬなら今』がすごく印象に残っています。
  • はんざい漫才
    いきなり降ってわいた高座の、色んな人が協力する一幕が1番好き。
    いいなぁ、ああいうの。
    あとで、顛末を聞いてさぞ悔しがる人がいることでしょう♪
    とうとう一大決心をした希美に拍手!
  • はんざい漫才
    今回もカッコイイ姐さんが新登場。なにやら曰く因縁がある人物のようだが…。本シリーズに登場する女性は魅力的な人ばかりだ。それに比べてジジイたちがなにやら生臭くていけないや。
  • 高座の上の密室
    密室というので、本当の事件があるのかと思ったのだけど、そういう展開ではないのね。
    高座から消えた女の子の謎、ああいう展開で、本当によかった。
    いろんな意味で、ちょっと物足りなくはあるけど、後味は悪くない。
  • 神楽坂謎ばなし
    主人公が、肝心の寄席の仕事につくまでが長い。
    そこからスタートしてもいいぐらいだと思うのに。
    落語ミステリとしては、紅梅亭の方が好きかな。
    落語風味も、今回はかなり薄いのが残念。

    でも、彼らのその後は気になるので、とりあえずシリーズの続きは読んでみようと思う。
    (なにしろ、すでに3作目まで買っちゃ...続きを読む
  • 神楽坂謎ばなし
    老舗出版社の編集者をしている女性主人公が、突然家庭の事情で落語の世界に放り込まれる話。
    『謎ばなし』といっても主人公にとっては『謎』だが、落語の世界に生きている人々にとっては当たり前のことなのかな、という印象を受ける。 でも落語の世界を知らない人間には、まさに謎だらけの世界。私も主人公と同じ立場な...続きを読む
  • 神楽坂謎ばなし
    ヒロインが出版社で頑張るお話だと思って買いました。
    そうしたら、落語を上演する寄席の話でした。
    いえ、出版社の話でもあるのですが…
    前置きが長かった気がするけれど、話を運ぶには仕方なかったのかな?
    落語には詳しくないので、知識が増えて良かったです。
    ヒロインの過去や家族の謎などが説き明かされて行く過...続きを読む
  • 神楽坂謎ばなし
    新シリーズの導入となる本書は、主人公が寄席の席亭代理となるに至る出来事と、席亭代理として寄席の様々な出来事に遭遇して右往左往する様子が描かれている。

    主人公は出版社勤務が10年ほどの一人前の社会人のはずだが、それにしては職業を持つ社会人としていささか未熟すぎるだろう。興業といった特殊な業界に無知と...続きを読む
  • 高座の上の密室
    定席神楽坂倶楽部の席亭代理のシリーズ第2弾。本シリーズは寄席を舞台にしていても、落語家ではなく、色物芸人さんたちを描くシリーズらしい。

    そして今回は、ヅマヤのチョウちゃんこと五代目藤島天翔斎という手妻の芸人さんとその娘親子のお話と、太神楽の亀川鏡太夫、鏡之進親子のお話し。両方とも親子の絆を描いた人...続きを読む
  • 高座の上の密室
    神楽坂の寄席「神楽坂倶楽部」のシリーズ2作目。
    あとがきにあるように噺家エピソードから離れて手妻と太神楽が主役の2編。
    確かめてないけれど、前作から10日ほどしか経ってないのに驚いた(笑)
    この先、相談に乗ってくれそうな同世代のキャラも出てきてやっとスピードが出てきた感じ。
    メインは色物だけれど、楽...続きを読む
  • 神楽坂謎ばなし
    お仕事小説という触れ込みでしたが、少なくともこの巻では主人公が落語家に振り回されているだけ、のような感じです。続くようなので、次巻以降で寄席の経営みたいなところに踏み込んで行くのかもしれません。
    この巻は終わり方がやや唐突で、尻切れ感がありましたね。
  • 神楽坂謎ばなし
    シリーズ化する気まんまんで、1冊まるごと序章って感じ。
    両親が離婚して父親のことは何も教えられないで育ち、出版社に務める主人公が父の急病やら出版物のトラブルや紆余曲折あって神楽坂にある落語定席の席亭代理=席代に収まるというお話。
    特定の落語をテーマにと言うよりは噺家さんお得意の符牒やら小噺やら満載で...続きを読む
  • 六月六日生まれの天使
    『マイノリティジャック』

    よくある感じの話。最初からトリックが予想できた時点で、この手の作品は駄作。不自然な箇所を注意していればすんなり理解できる。

    裏を掻くための描写が、表に出てきてしまってる。もっと1つ1つの描写を丁寧であれば、物語に感情移入が上手に出来て、読後の感想は変わったかもしれない。
  • 六月六日生まれの天使
    最後まで読み終えて、解説まで熟読した…のにも関わらず、頭の中には「?」マークがぐるぐると。結局、インターネットのネタばれ記事を読んで、ほーそういうことだったのね、と納得。
    私の頭があんまりよろしくないのもあるけど、目を皿のようにして伏線を読み込んで頭で考えて推理していく読書方法が自分には向いていない...続きを読む
  • 六月六日生まれの天使
    2度読まないと意味がわからない!という謳い文句につられて購入しました。
    ラストで「ん?」となり、また最初のページを開いて「やられたー!」ってな感じで(笑)
    小説ならではの騙し手法ですよね、見事にやられましたw

    個人的にはエロシーンは重要なとこ以外必要なかったかもしれないと思いました…w
  • 六月六日生まれの天使
    どんでん返しを期待して。
    期待通りのどんでん返しっぷりでしたが、
    描写が激しくてあまり好みではなかった…。
    話自体も救いないかんじに落ち着いたし…。