六月六日生まれの天使

六月六日生まれの天使

作者名 :
通常価格 760円 (税込)
紙の本 [参考] 761円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

主人公は一切の記憶を失っている「私」。ベッドで目を覚ますと、隣りで仮面をつけた裸の男が寝ている。「私」はどこの誰で、なぜこの男といるのか。まったく白紙の状態から手がかり探しが始まる。「私」に襲いかかる断片的なフラッシュバック…そこから漂う犯罪の臭い。ナイフを突き立てられた中年男、二人の男に犯される「私」、車に轢かれる息子…「私」を取り巻く世界がなぜ無間地獄のようなのか。ちりばめられたヒントを紐解きながら核心に迫る、本格純愛ミステリ!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
435ページ
電子版発売日
2011年04月01日
紙の本の発売
2008年05月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年02月05日

少し分厚いがハラハラしてすぐ読みきってしまった。
確かに映画化は不可能。
予想外の展開にまんまと騙された。
イニシエーション・ラブ的な感じだが、私はこの本の方が好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月17日

うひゃーーーー

って感じ。
読み終わったその瞬間に
頭がその小説の前のページを
整理するのでいっぱいいっぱいになって

うひゃーーーー

ってなるw
もう1度、落ち着いて読みなおしたくなる

これは、ネタバレしたら終わりだから
感想もうまく書けないけど。

レビューでは結構みんな★少ないけど
私は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月16日

うーん、読んでる間は過剰なセックス描写に少し辟易しながら、直前に読んだ本も記憶喪失ものだったなとうんざりしてたんだけど、ラスト周辺で明らかになるトリックがなかなか凝ってて感心させられた。パラパラと読み返してみて更になるほど。ただ、ストーリーとしては救いがないわな。トリックのための物語な感じが強くてそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月12日

愛川晶の『六月六日生まれの天使』を読んだ。
時間的トリック作品は過去にも読んだことあるので、そんなに驚きはしかなったけど、記憶を無くした人が、どう思いどう感じて行くのかってところに面白味があった。
時間と記憶をうまくミックスさせて謎を深めていく感じは良かったと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月27日

6月6日の表題にひかれて購読。
結構面白かった。

叙述ミスリードで、女性が二人いるのは割とすぐにわかったが、
過去だと思っていた回想が実は未来だとは思わなかった。

クリスマスイブが2回あるのと、女性が二人とも同じ名前で、
同じ過去を持ち、同じ男性を好きになっているから、ややこしい。

「イニシエ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています