向後千春のレビュー一覧

  • コミックでわかるアドラー心理学
    入門書として良かった。シンプルでわかりやすい説明。文章を読むのが苦手な人でもまんがはすぐに読めるからありがたい。
  • コミックでわかるアドラー心理学
    コミック版として再読。やっぱり絵やコミックはイメージしやすいですね。通常版を読んでなんとなくぼんやりとしていた部分がしっかり理解出来ました。やっぱり共同体感覚は重要ですね!再認識!
    2017/03/07
  • 上手な教え方の教科書 ~ 入門インストラクショナルデザイン
    『上手な教え方の教科書』
    向後先生の本です。
    教え方の教科書だけに、各項目が短く楽に学べます。

    私の領域は、主に解剖学を通して「認知技能」学び方を学ぶ認知的方略の教授ですが、これまでの教え方が間違いではなかったことの確認ができました。
    そして、これからの教え方に深みが出たことが感動です(^^)

    ...続きを読む
  • 統計学がわかる
    分かりやすかった。
    読んで良かった。

    数学なんて分からないと思ってきたけれど、心理学で統計が必要になって読んだ。

    ハンバーガーショップの具体的な例がある。用語の説明もとても基礎的。

    私は本当に初心者なので良かったが、少し詳しい人には物足りないかもしれない。
  • 人生の迷いが消える アドラー心理学のススメ
    感情の使い方を学ぶことができた。
    これまで感情に振り回されてしまっていたけれど、
    アドラーの目的論を用いて頭を整理することで、
    うまく感情を使えるようになってきた。
    とても読みやすく、分かりやすい。
    なにより、読んですぐに実践できるのがいい。
  • 統計学がわかる
    ★初学者向けの本を何冊か読んだが、これが一番わかりやすかった。エクセルを使って計算過程を一つ一つ見せてくれる。有意差の検定として、カイ2乗検定、t検定、分散分析まで扱っている。
  • コミックでわかるアドラー心理学
    ものすごくわかる

    アドラー心理学の入門書


    ○幸せの基準
    皆に認められること

    このためにおこす行動は、
    ひとによって、置かれた環境によって
    ことなる

    その人の行動は、幸せのために
    反射的に、必死に選んだ結果

    そう考えると、人を(自分を)
    許せるようになってくる。



    この本から、とても
    ...続きを読む
  • 上手な教え方の教科書 ~ 入門インストラクショナルデザイン
    「インストラクショナルデザイン(Instructional Design
    、ID)」とは、「科学的に良い教え方を追求する学門」つまり、「何かをうまく教えるための技術と科学を扱う学門」とのこと。

    「学問」と言っているとおり、結構ガチな、教科書的なお話なのだけど、マンガを使ったり、図表を挿入したり、学...続きを読む
  • 上手な教え方の教科書 ~ 入門インストラクショナルデザイン
    かなりよかった。自分のやりたいことがここにあるのだと思った。「教える」は学校だけじゃなくて、自分の考えを伝えたり相手の行動を変えてもらったり、色々な所で使う技術。1回読んだだけでは全部理解しきれなかったけど何回も読みたい。
  • コミックでわかるアドラー心理学
    最初、心理学がなんだ?と思って読んでいたが、奥が深いことがわかって、感動。漫画だけど、ここ最近の中で1番良かった。
  • コミックでわかるアドラー心理学
    漫画なので、わかりやすくてとても良い。この手の本は繰り返し読んで、自分のものにしたい。アドラー心理学は、とても良い考え方だと思いました。。
  • 上手な教え方の教科書 ~ 入門インストラクショナルデザイン
    漫画からスタートしていたので軽い本かと思いきや、タイトルと相違なく間違いなく「教え方の教科書」(漫画部分はわりとオマケ程度の厚み)。
    学校での授業の教え方とかそういうのに限らず、例えば部下に指導するとか自分の子供に言い聞かせるとか、そういうところへの「教え方」も含まれる。
    既に書かれているが、各章末...続きを読む
  • コミックでわかるアドラー心理学
     アドラーについてまとめた本でも本によって切り口が異なり、大分違った印象を受ける。この本では漫画での導入部分が現実的で、実生活の中でアドラーの理論をどう活かしていけばよいのかとても分かりやすかった。
     心の満たし方、対人関係での折り合いのつけかた、生きる意味など、書いてあることすべて納得しながら読ん...続きを読む
  • いちばんやさしい教える技術
    やさしいコトバで書かれていますが、とても的を射た説明がされています。

    何をすれば「教え方がうまく」なれるか、一冊でわかります。

    部下を持ったときにも役にたちますし、夫婦の間で思いが伝わらないときにもよい本です。
  • いちばんやさしい教える技術
    説明の仕方がわかりやすい。
    わかりやすいレトリック本などがあれば読みたい。
    学習心理学の観点から、わかりやすい勉強法について、仮の答えを出している。

    特に印象に残ったのは以下のこと。
    学習者検証の法則
    観察上手は教え上手
    どうしてわからないの?はアウト
    態度スキルは相手の心に触れることで教えること...続きを読む
  • コミックでわかるアドラー心理学
    アドラー関係で初めて読んだ本です。
    初めて彼の考え方に触れたので、まだ整理がついていません。できれば、あと入門書を数冊読みたいと思います。
    自他共栄の心をどうやってみにつけるか、成長を願っているから劣等感があるとか、自己一致をはかるとか。
  • いちばんやさしい教える技術
    非常にシンプルで分かりやすい。
    教えた後、結果が思わしくないのは全て教える側の責任、というのにドキッ。
    教えるポイントを3つのスキルに分けて説明していて、今後に使えそうです。
    すぐ読めてすぐ実践できるので、教える立場の人にオススメ。
  • いちばんやさしい教える技術
    「教える」とは、教える側と教わる側のコミュニケーション。そこに上下関係はなく、あくまでも対等な立場である。横の関係であるならば、教える側として大切なことは、まず相手を観察すること。次に、相手にとってちょうどよいものを提供すること。そして、適切なフィードバックをすることである。
    「教える」には3つのパ...続きを読む
  • いちばんやさしい教える技術
    最初読んだときは、インストラクションデザインをまあ噛み砕いて敷居の低いものにしているな程度に思っていたが、あることがきっかけで読み直して、ちょうど求めていたものど真ん中だと気付いた。
    少しピンポイントだけど。
  • いちばんやさしい教える技術
    教え方について体系的にまとめられている。売り文句通り、あらゆる「教える」場面について対応している、教え方入門書。やや甘めの★5つ