幸せな劣等感 ~アドラー心理学〈実践編〉~(小学館新書)

幸せな劣等感 ~アドラー心理学〈実践編〉~(小学館新書)

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

不完全である勇気。

劣等感とは、他の人と比較したときに、自分は劣っていると思い知らされること、と思っている人は多いでしょう。このような思いにさいなまれるのは、本当に嫌なものです。しかしアドラーのいう劣等感とは、自分の理想と現在の自分の状況を比較したときに生じる感覚。他人との比較ではなく、自分自身の問題なので、自分を卑下する必要はありません。劣等感があるからこそ、何かを創造したり、社会に貢献することなどを通じて、成長(これをアドラー心理学では「優越の追求」といいます)することができるのです。
自分の理想と比べて劣っている(不完全な)部分があるとしても、他者との比較や、周囲からの評価によってではなく、自分らしさを追い求めていくと、“本来の自尊心”が高まっていきます。
本書では、こうした「不完全である勇気」をはじめ、「ライフスタイル」「共同体感覚」などアドラーの“哲学”を徹底解説。私たちが幸せに生きていくために、いますぐ実践できる意識改革のヒントを、“アドラー心理学の伝道師”である著者が詳しく紹介していきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年02月07日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

幸せな劣等感 ~アドラー心理学〈実践編〉~(小学館新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年06月15日

    下記のフレーズに勇気づけられました。

    自尊心を高めるには他人と比べないことが必要。劣等感は誰もが持っているものだからそれ自体は問題ない。ポイントは劣等感を感じた時、自分はまだまだ未熟だが良くやっている。と考えること。不完全な勇気と呼ぶ。
    失敗、それは失敗ではなく挑戦した結果である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    各章に図解と汎用的なQ&Aがあり、新しい章では前章の要点がさらっと数行でまとめられているので、読みやすいほうではないかと。なんだかモヤッとして、今のままでよいのだろうか?と感じるとき、味方になってくれるかもしれない参考書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月02日

     本書も、息子の中学の先生のお薦め図書。
     アドラーといえば、岸見一郎が有名だが、ほかの人がどのようにアドラーを描いたのかも気になって、読んだ。


     ・ドライカースの言う4つの誤ったゴール
    ①注目を得ようとする
    ②権力争いをする
    ③復讐する
    ④無能であることを示す

     私たちは自分のフィクションに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月08日

    アドラー心理学の実践版。そもそも前提を受け入れるのに大層抵抗があるだろうことが最大の難点か。それさえクリアすればすんなり。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    (レビュー初心者です。読みにくかったら申し訳ありません。)

    本書はアドラー心理学の源流と人生への活かし方について、平易な文章で書かれています。アドラー心理学の初心者が、大枠を掴むのにおすすめです。

    以下、自分の生活で使えるポイントを抽出しました。

    ・自己理想と自己概念が優越の差を生んでいる。優...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年07月10日

    劣等感の正体と、それを克服するための術が書かれている。またその記述の過程でアドラー心理学を俯瞰することができる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています