統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】

統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】

作者名 :
通常価格 1,848円 (1,680円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

売り上げ予測や売れ筋の要因分析など、「関係を調べる」ための統計学の基礎がむりなくわかる! アイスクリームショップを舞台にアルバイトのアイちゃんと一緒に悩みながら、気温とアイスクリームの売り上げの関係など、あなたの研究・調査に応用のきく話題を取り上げます。統計学の専門書では歯が立たなかった人も、親しみやすいお話と話し言葉に近い解説なら大丈夫! 身構えずに、統計学に親しむことができます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / デジタル機器
出版社
技術評論社
ページ数
160ページ
電子版発売日
2020年05月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月14日

    ハンバーガーショップの方を先に読んだ。

    バリマックス回転って言葉が心理学の論文に書いていて何の事だかさっぱりだった。この本を読んでやっと分かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月09日

    できるだけ数式を使わず直感的に理解できるように、わかりやすく解説しています。ある程度統計学を勉強した人であれば、3時間くらいで回帰分析・因子分析の概要をつかむことができ、コスパがいいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月02日

    統計学の実務への適用を、アイスクリームショップを題材にして分かりやすく説明した良書。統計の理論や数学的裏付けよりも、いかに正しく使いかに焦点が当てられており、改めて統計を確認するのにも適当。
    この本では、「関数を調べる」際に統計をどう使うかが述べられているが、「違いを調べる」初編に続いて読むと統計の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月18日

    久々という言葉が当てはまらないほど間を空けて数学に接した気がします。
    この本の良いのは、統計学を学ぶ学部生があるバイト先の店長という一般人に原理を納得させながら、ストーリーが進んで行くことです。

    要するに、ほぼ誰でもわかるように統計の利用方法が書かれています。
    回帰分析だけできてれば、ざっくりと傾...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月12日

    データの相関を分析して関数式を作成することについて書かれた初歩的な本。仕事で重回帰式を作成する機会が増えたので、基礎固めのために読んだ。
    Excelで何気なく計算している各種係数の算出方法をきちんと説明しているので、気づかされる点が多い。因子分析は使用頻度が少ないと思うが、重回帰分析のところで、一つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月11日

    回帰分析・因子分析編。前著と併せて通しで一度学生達と勉強してみよう。相関係数の算出方法も乗っており,算数的な理解も可能となっている。さすがに因子分析はエクセルではできないのだが,文章を読むことであるていどは想像できるだろうから,あとはSPSSやRを使ってみることが大事だな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月14日

    分かりやすくて入門に最適。
    多変量とか重回帰とかの用語の意味が分かり統計に対する敷居が下がりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月17日

    統計学の中で、特に関係について絞った本。

    目次から

    第1章  散布図と相関
    第2章  相関係数
    第3章  無相関検定
    第4章  回帰直線
    第5章  偏相関
    第6章  重回帰
    第7章  相関行列
    第8章  因子分析

    について解説している。グラフが多いので、直感的に分かりやすいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月01日

    前作に続いて、今回も分かりやすい内容。
    1時間ちょっとで読み終えた。

    今回は、物事の「関係」を調べる統計学。
    最終の因子分析で、専門の統計ソフトを使うことが前提になってからは、駆け足でしたが、それ以外の部分は初心者にも分かる丁寧な記述です。

    以下、内容。
    ・最高気温と客数の関係(散布図...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月14日

    ■目次

    第1章 最高気温と客数の関係を知りたい―散布図と相関
    第2章 相関の強さを知りたい―相関係数
    第3章 その相関係数に意味はあるのか?―無相関検定
    第4章 最高気温で客数を予測したい―回帰直線
    第5章 最低気温と客数の関係を知りたい―偏相関
    第6章 最高気温と最低気温から客数を予測したい―重...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています