和田誠のレビュー一覧

  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    ジャズの入門書としてよいかも。
    もちろんジャズをそれなりに聴いてからでも、そういう聴き方があるのかと参考になる。
    ジャズ批評家の書いた偏見丸出しの文章にはない、知性と文章力と余裕がある。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    音楽にも精通している氏らしい、自身のエピソードも織り交ぜた面白いジャズガイド。しかし、掲載盤の中には入手不可及び困難なタイトルも結構あるんですよね…まあ、ジャズクラには良くある話ですが。その点、注意。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    もともとジャズは好きだし、好みが似ていたので、読んで楽しかった。分かりやすく、ジャズを知らない人にとっても良い本だと思う。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    村上春樹の小説を読んでなんとなくジャズというものに興味をもち、そして、本作を読んで「よし、ジャズを実際に聞いてみよう」という第一歩を踏み出すことができた。
    今ジャズを聴くようになったのも、村上春樹のおかげです。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    村上春樹の作品には何度もジャズやクラシックが登場してきます。それは作者が好きだし、精通しているからとききました。

    どれくらいなのかなぁ~と思って購入してみました。

    内容は作者の著名なジャズミュージシャンに対する作者の個人的な想いがつづられています。

    著名な音楽化が説明する説明書よりかは敷居が低...続きを読む
  • ことばの波止場
    多才な人はすごい!
    和田誠さんのイラストは大好き
    まあ「ことばあそび」と称して
    言葉への憧憬の深さに驚かされる
    そして
    常に遊び心を持って

    ≪ タダ簡単 言葉遊びの おもしろさ ≫
  • 装丁物語
    筆者の手掛けた装丁についてのエッセイ
    最終章のバーコードについて、はデザインと利便性の天秤の悩ましさを感じる興味深い内容だった
  • 装丁物語
    本作りの本。本にまだバーコードが印刷されていなかった頃の装丁の話。
    紙の種類など知らないことが多く興味深く読んだ。
    筆者の本に対する愛情を感じる。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    JAZZ初級者にはありがたい、絵と文章で楽しめる1冊(というか、読んだのは文庫でなく単行本1,2と分かれているほうで)。

    面白いのは、三者三用の感覚を楽しめること。イラストを描く和田誠と、それに文章を寄せる村上春樹、一人のJAZZ Manに対するイメージ、思いが微妙に違っていたりする。勿論、D.エ...続きを読む
  • 空中都市008 アオゾラ市のものがたり
    今、「未来」って聞くと自然と暗いイメージが湧いてくるけど、昔の未来科学小説を読むと未来は明るくてエネルギーに満ちてる気持ちになります。
    宇宙旅行とか行ってみたいな!
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    ミュージシャン一人一人について村上氏がコメントを綴る。
    村上節が出ている。
    解説本というより短編集のような印象。
    もう少しディスクレビューがあったらよかったかも。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    週に一度は耳にしていたジャズが、ある日突然体に染みこんでどこかに落ちていった。きっと、予測不可能でゆらぎとグルーヴを楽しむ大人の音楽、ジャズを楽しむ準備ができたってことなんでしょう。ということで、本腰をいれてジャズに取り組むことにしました。

    村上さんはやっぱり年代のせいか、古いものが好きですね。キ...続きを読む
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    村上春樹の小説の主人公が、その作品中に好きなアーティストや、レコードを語るシーンがよく描かれるが、そのトーンで作者自身がJAZZアーティストを語った一冊。 本に登場した未知のアーティスト達は、早速聴いてみる事にしよう。 そこからの出逢いにも期待。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    そう、フッと読みたくなって買ってきた。
    シャレてる。
    こんなコラムが書けたら、どんなに楽しいだろう。

    和田さんの絵もいい。


    またジャズを聴こう。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    村上春樹のエッセイの出来とか、
    「村上氏所蔵の貴重なLP写真」とか、
    ディスクレビュー的なものとかではなく、
    和田さんの絵を楽しむ本だと思った。

    セロニアス・モンクが秀逸!
    引き伸ばして飾りたい。
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    僕がジャズメンを知る上で、とってもお世話になった一冊。和田さんの「特徴がよく出た」絵と村上さんの「ひどく個人的な文章」が一緒になっています。その人の中での印象が反映されているので(特に文章の方が)、でもジャズを聴いた時に感じる他の音楽とは違うものが、本を読んで、見て、感じられます。小説とか、タバコの...続きを読む
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    内容(「BOOK」データベースより)
    和田誠が描くミュージシャンの肖像に、村上春樹がエッセイを添えたジャズ名鑑。ともに十代でジャズに出会い、数多くの名演奏を聴きこんできた二人が選びに選んだのは、マニアを唸らせ、入門者を暖かく迎えるよりすぐりのラインアップ。著者(村上)が所蔵するLPジャケットの貴重な...続きを読む
  • ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)
    ジャズって、詳しくないんだけど、村上ファンなので一応読んでおく。文章は相変わらずすばらしく、マイルスのところは、何度も読み返します。