「谷川俊太郎」おすすめ作品一覧

「谷川俊太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

谷川俊太郎 看板

日本を代表する詩人・谷川俊太郎の数ある作品の中から、厳選された珠玉のコレクションが一挙配信となりました。

『谷川俊太郎~これまでの詩・これからの詩~』リリースによせて

一挙54点配信『谷川俊太郎~これまでの詩・これからの詩~』

処女詩集『二十億年の孤独』から2013年刊行『こころ』までを収録した,オリジナル編集54冊。ほぼ全ての詩集に,川村和夫,ウィリアム・I・エリオット,西原克政,ハロルド・ライトの四氏による英訳付き

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/04/06更新

ユーザーレビュー

  • 詩人なんて呼ばれて
    聞き手の尾崎真理子さんは、石井桃子の評伝も書かれていて、気になっていた方でした。
    谷川俊太郎は私にとって、「20億光年の孤独」こどもの絵本や、最初にシュルツの「ピーナッツ」を日本に紹介して翻訳した人。そして、佐野洋子のもと夫でした。
    3回目の妻となった佐野洋子。彼女の才能に惚れ込み、刺激を受けながら...続きを読む
  • 詩人なんて呼ばれて
    自伝以上の
    谷川俊太郎さんの自伝に
    なっている
    聞き書きをはるかに超えて
    もはや一冊の
    谷川俊太郎論に
    なっている

    谷川さんの詩集が
    その時代と密接に関係し
    その時代に溶解し
    そこから言葉が
    紡ぎ出されていった
    その過程が
    なんともお見事です

    この世の中から
    「本」というものが
    そして
    「詩集」...続きを読む
  • 魂にメスはいらない ユング心理学講義
    谷川さんがとても率直に河合先生に尋ねているのでわかりやすい。
    今は少し理解できるところも増えた。実践を重ねればもっと深まっていくのかもしれないけれど、それはなんだかまだ覚悟ができないなぁ、という気もする。
  • あなたはそこに
    島本理生「野ばら」より。
    もっと早く読んでいたら、野ばらに出てくる主人公はもっと違う未来を生きていられたのだろうなあ。
  • ピーナッツと谷川俊太郎の世界 SNOOPY&FRIENDS
    遅咲きのスヌーピーフリークを「いい歳をして…」などど揶揄する輩に対して谷川俊太郎は黄門さまの印籠のような威力があると思っている。だってそうだろう、シュルツ氏の哲学性に谷川先生の詩的なエッセンスが加わればシンプルな4コマ漫画は悩める大人たちのためのシュールなファンタジーへと変貌を遂げるのだ。
    で本書、...続きを読む

特集