1%の努力

1%の努力

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2000年代に「2ちゃんねる」「ニコニコ動画」を成功させ、今は英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人をしつつ、パリで余生のような暮らしを送るネット界の超有名人・ひろゆき。

その「謎の生い立ち」に焦点を合わせ、人生において「どこ」が頑張りどころだったのか、ターニングポイントでどんな判断をしてきたのか。その「考え方の考え方」の部分を掘り下げる。

たとえば、テスト用紙が配られたら上から順番に解くのではなく、全体を眺めてできそうなところから解く。
そんなふうに、一歩引いて頑張りどころを見つけるような「努力しないための努力」(=1%の努力)の話を、印象的な7つのエピソードをもとに、時系列でまとめた。


序文    「1%の努力」とは何か
エピソード1 団地の働かない大人たち ――「前提条件」の話
エピソード2 壺に何を入れるか ――「優先順位」の話
エピソード3 なくなったら困るもの ――「ニーズと価値」の話
エピソード4 どこにいるかが重要 ――「ポジション」の話
エピソード5 最後にトクをする人 ――「努力」の話
エピソード6 明日やれることは、今日やるな ――「パターン化」の話
エピソード7 働かないアリであれ ――「余生」の話

「99%の努力と1%のひらめき」というのは、発明家エジソンの有名な言葉だ。
これの真意をみんな誤解している。
本当は、「1%のひらめきがなければ、99%の努力はムダになる」ということだ。しかし、「努力すれば道が開ける」という表現で広まっている。
発明の世界では、出発点が大事だ。
「光る球のようなものを作ろう」
という考えが先にあって初めて、竹や金属などの材料で実験をしたり、試行錯誤を重ねたりして努力が大事になってくる。
ひらめきもないまま、ムダな努力を積み重ねていっても意味がない。耳障りのいい言葉だけが広まるのは、不幸な人を増やしかねないので、あまりよくない。
そんな思いから、この本の企画は始まった。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年03月05日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

1%の努力 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    努力といっても、その努力が必ず報われるとは限らない。自分にあってないことを努力してもそれは結果だけみれば無駄になることもあろう。努力をして、結果を出したいならばまずは自分に適したことで努力するのが賢い。そのためにもまずは自分の適性を知るための自己分析が欠かせないと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    買ってよかった

    グーン 2021年02月26日

    後悔なし

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月22日

    今まで読んできた本は努力の大切さを説く本が多かったが、この本はいかに効率よく行いサボるかということが主題となっているのが非常に面白い。最初の「エッグスタンドなんて、いらなくね?」というフレーズがひろゆきさんの声で脳内再生されるところから始まるのも面白い。世の中真面目にかっちり生きるよりも、余裕を持っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    半年ぶりくらいに本を読んだ。

    共感した主張↓↓↓
    ・ストレスにならないくらいの勉強をずっと続けよう。老いる度合いはストレスの具合によるので、極力ストレスを減らそう。
    ・できることを仕事にする
    ・日本では、まずシェアを拡大させ、叩かれないほど大きくする。機能性を上げるのはそこから。
    ・やられたら、や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    1%の努力

    いたぽい 2021年02月17日

    必要かどうか、取り返しがつくか、そして楽しいから考えて生きていく

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月16日

    ひろゆきの頭の中を覗いてみたい。
    「1%の努力と99%のひらめき」といった考え方かな。

    「片手は常にあけておけ」いいねぇ!

    ペンギン村 の定義も彼らしい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    前提を変えることの大切さを知る

    たられば炒め 2021年02月10日

    自分の視野は案外と狭い。

    その狭い視野を変えるには、前提を変える必要がある。

    物事の捉え方も、順番と前提を間違えると、勘違いしたり、間違った理解をしてしまう。

    そのことを学べる本だと思いながら、本を読み進めている。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    珍しい

    a 2021年02月05日

    ひろゆきが主観ベースを本にする事は珍しく「僕はこんな環境で育って、こう考えて、こう行動した」的な自叙伝みたいな部分が多い構成になっています。
    ひろゆきファンは読んでおきたい作品だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    共感、納得する点が多かった。
    特に消費を行動に繋げる。予測不能なものだけにお金を払う。など。
    予想ができないからこそ、お金を払って体験する、を判断基準にするとお金を消費することを楽しめそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    天才

    たっく 2021年01月20日

    面白すぎました。感謝。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

1%の努力 に関連する特集・キャンペーン