小倉広の一覧

「小倉広」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小倉広(オグラヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1965年04月15日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:コンサルタント

青山学院大学経済学部卒。日本経済新聞社BIZアカデミー講師、日経ビジネス課長塾講師、SMBCコンサルティング講師。主な作品に『任せる技術』、『やりきる技術』、『自分でやった方が早い病』、『30代で伸びる人、30代で終わる人』、『僕はこうして苦しい働き方から抜け出した』などがある。

作品一覧

2019/07/09更新

ユーザーレビュー

  • もしアドラーが上司だったら
    オーディオブック。

    出来ているとこに注目すれば、人はさらなるやる気を生む。
    物事を多面的にみる→失敗を失敗と取るか、経験ととるか。

    やらなければならないことなどない。やりたいんや。環境や他人から影響を受けることはあるが、最後はすべて自分で決めている。自己決定権。
    本当にやりたくないならやらなかっ...続きを読む
  • アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
    何度でも読み返して覚えたいと思えた内容
    当たり前と思う事も多いがそれこそが真実

    性格はこの瞬間に変えられる
    不完全でもありのままの自分を認め、受け入れる
    完全な人なんてこの世には一人も存在しない

    全ては自身の選択、言い訳をしないようにしたい
    悩みや教育についても、とても参考になった
    叱ってはいけ...続きを読む
  • 任せる技術
    任せることが苦手だったので、手に取った一冊。
    自分の考え方が間違っていて、部下だけでなく、自分の成長する機会も奪っていたんだなと思わされた。


    恐れずに任せる。
    放任主義ではなく、子供の発表会を袖から見守る親の気持ちで過ごす。
    任せる上での心構えが具体的に書かれているで、非常に身になる本でした。
  • 任せる技術

    実践する覚悟ができる

    部下を持つようになり、どのように任せればいいのか悩んでいました。たくさん関連本を読みましたが、1番わかりやすく心に響く内容でした。
    まだ発展途上の部下に任せると成果のレベルが下がり、事業の利益に影響することもあります。
    その責任を自分で取らなければならないという怖気があったのだと気づかされました...続きを読む
  • もしアドラーが上司だったら
    いやー良かった
    アドラー系の本は、嫌われる勇気とかいくつか読んだけど、一番実践的だったかな
    アドラー心理学を仕事の場面や、関係でどう実践していくかというのがストーリーの中でちりばめられていて、即そのまま使おうと思えるものがいっぱいあった
    特に、人は勇気を持てれば(与えられれば)放っておいても勝手に向...続きを読む