「小倉広」おすすめ作品一覧

「小倉広」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小倉広(オグラヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1965年04月15日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:コンサルタント

青山学院大学経済学部卒。日本経済新聞社BIZアカデミー講師、日経ビジネス課長塾講師、SMBCコンサルティング講師。主な作品に『任せる技術』、『やりきる技術』、『自分でやった方が早い病』、『30代で伸びる人、30代で終わる人』、『僕はこうして苦しい働き方から抜け出した』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/01/31更新

ユーザーレビュー

  • アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉
    右ページに要約。左ページに解説、という構成。興味がある箇所だけ読めるので、良い構成だと思う。
    というわけで拾い読みだが、意外と参考になった。

    「共同体感覚」があれば、人生は成功し、それがなければ、人生は失敗する。そして、「共同体感覚」を身につけるための行動には「勇気」が必要である。

    勇気がない人...続きを読む
  • もしアドラーが上司だったら
    心理学に紐付けた考え方の話で、ストーリー仕立てで読みやすかった。

    自分とリンクしたのは、最後の方の自分が部下の仕事を取ったり、役割の話が実践していかないとだめなところだと思いました。
    勉強なりました。
  • アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
    すべては自分の選択次第で、本当に世界はシンプルだと体感した本で、とてもすっきりしました。
    調査兵団のエルヴィン団長も何か選択を別のものにするのではなく、自分で悔いなき選択をすることを大事にしていますが、一気につながりました!
    必読の一冊です。
  • アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
    重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。
    人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。
    人生は極めてシンプルである。
    現在の人生を決めているのは運命や過去のトラウマではなく、自分自身の考え方である。
    できないことはない。人はどんなことでもで...続きを読む
  • もしアドラーが上司だったら
    嫌われる勇気、を噛み砕いて知りたくて購入。
    あとがきで、アドラ-の教えをそのまま職場にあてはめてしまうと齟齬をきたす、ってあるように、応用を必要とする部分はあるかも知れないけど、参考になる指摘が多々ありました。

特集