insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

佐渡島庸平さん(株式会社コルク代表取締役)推薦!
「汝自身を知れ。自分自身を理解できない存在だと考え、理解しようと努め続けている人こそがプロフェッショナルだ」

成功と失敗を左右する、最も重要なのに最も見逃されている要素、「自分を知る力」

仕事での成果や良好な人間関係、そのカギは「自己認識」にある。
しかし、多くの人は思い込みにとらわれ、自分の可能性を狭めてしまっている。
ビジネス界でも活躍する組織心理学者が膨大な先行研究と自身の研究・実践から、
自己認識の構造を理論的に解明し、
思い込みを乗り越え、より深く自分を知るための方法を伝える。

複数の賞を受賞!
Strategy+Business誌ベストビジネスブック2017選出
Business Insider誌ベストビジネスブック2017選出

各界のプロフェッショナルも大絶賛!!
「自己認識、内省、および自分と向き合う方法に対する世間の考えは、
基本的に間違っていて役に立たない。
そうした情報を信じて、私生活でも仕事でも好ましくない行動を続けてしまう人が多い。
自身の経験と膨大なリサーチをもとに、ユーリックは真のインサイトにいたる方法、
つまり自分自身を変え、仕事で関わる周りとの関係を変革する方法を明らかにする」
エド・キャットムル(ピクサー・アニメーション・スタジオ共同創設者、『ピクサー流 創造するちから』著者)

「自分が駆け出しの頃に欲しかった一冊であり、
人格や職業上での成功の基盤となる自己認識を高めたいと願うすべての人びとにお勧めしたい一冊だ。
まさしくインサイトに満ちている!」
アラン・ムラーリー(フォード・モーター・カンパニーの元CEO)

「単なる一過性のスキル・ノウハウ本ではない。
根底から自己認識の大切さを紐解き、誰もが一生をかけて、
本気で向き合っていかなければならい自己を知るためのガイドラインとなっている」
中竹竜二(本書監訳者、株式会社チームボックス代表取締役、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター)

目次
第1章 二一世紀のメタスキル
<第1部 基礎と障壁>
第2章 自己認識の解剖学―インサイトを支える七つの柱
第3章 ブラインドスポット―インサイトを妨げる目に見えない心のなかの障壁
第4章 自分教というカルト―インサイトを阻む恐ろしい社会的障壁
<第2部 内的自己認識―迷信と真実>
第5章 「考える」=「知る」ではない―内省をめぐる四つの間違った考え
第6章 本当に活用可能な内的自己認識ツール
<第3部 外的自己認識―迷信と真実>
第7章 めったに耳にしない真実―鏡からプリズムへ
第8章 予想外の厳しいフィードバックを受け止め、向き合い、行動に移す
<第4部 より広い視点>
第9章 リーダーがチームと組織の自己認識を高める方法
第10章 思い込みにとらわれた世界で生き抜き成長する
巻末資料
謝辞
原注
監訳者あとがき(中竹竜二)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
英治出版
ページ数
528ページ
電子版発売日
2019年06月26日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月02日


    「なぜ」ではなく「何」。
    ビジネスの世界で物事を掘り下げる時は、「なぜ」を繰り返しますが、人、特に自分を掘り下げる時は、「何」を追求すべしと著者は語る。

    自分の人生や仕事を豊かに実りあるものにする為には、自己認識力が大切。
    自己認識力とは、自分自身を理解する力と外の視点から自分を理解する事。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月13日

    ビジネスでも、私生活でも、根本的な問題はいつもヒト·人間関係にあるだろう。人間関係をうまくいくようにするのは、自分とは何者であり、他人からどう見られているかを理解する能力ーこれを自己認識というーを持つことから始まる。その知識や解決策を得るのが、この本である。

    自分自身の自己認識、チームにおける自己...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月23日

    自己認識と他者認識について、豊富な経験談とともに科学的なデータで書かれていた。理解して、実践すれば、かなり為になりそう。また読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    目からウロコとはこの事!

    self awarenessの重要性とどうしたら自身に取り入れるかが明確となる一冊

    同時に日本企業は自己認識に関して弱すぎると感じさせる一冊
    各個人に委ねられている気がするが、もっとリーダーシップ論等に研修を集中するのではなく自己認識に関する研修をやった方がいいと思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月22日

    2回読みました。タイトルの通りですが、自己認識の重要性について語られています。特に、whyではなくwhatに目を向けろというのは目からウロコ。あとは、積極的に周りからのフィードバックを頂く機会を設けなければいけない。自分のことは自分が一番わかっていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    自己認識の欠如は自分にこそ当てはまる…それを思い知らされた一冊である。今できることをこれから再度初めて行こうと思う。まずは、この本の巻末を使って自分を知ることから始めたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月24日

    自己認識について、体系的にまとまっている。反芻をしてしまうことに対する対処、自分教と戦うための対応法など役立つエッセンスが多数ある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月06日

    内的、外的な自己認識とはどんなものであり、いかに正確に知るか。
    外的自己認識、組織への展開はある程度知られていることをわかりやすく整理したものだったが、内的自己認識は、自己欺瞞、自己陶酔、内省との違いを明確にしてわかりやすく解説。
    完成はなく、日々学び続けるものとして。

    ◯インサイトの7つの柱
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    インサイトは向かい合う鏡ではなく、三角柱のプリズムのようなもの

    一番身近な人にすべて曝け出してフィードバックを貰う。最も逃げたくなるがそれを受け入れる必要がある。

    自己肯定は恐ろしいフィードバックの前に行うことが一番効果的

    ■マム効果
    人のネガティブなことは本人に言わない

    ■集団的インサイト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月17日

    転職活動中にて自己省察の必要性を感じ購入。

    内的と外的があり、自分のことは自分が一番わかっていない可能性が高いらしい。

    ラストにあるワークは必ず取り組むべき。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング