「野津智子」おすすめ作品一覧

「野津智子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か
    組織文化を中心とした心理学者で現在MITの名誉教授である著者による企業や幹部へのコンサルティングの事例を通して、それぞれの成功と失敗の分析、学び、まとめ、読者への提案という形式で、著者が謙虚なコンサルティングと名付けたアプローチの内容が語られている。
    どんなに正しい処方箋でもクライアントが受け入れ、...続きを読む
  • チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ
    組織やチームで目的を目指し心1つに束ねて向かう基礎力の全ては心理的安全性だと思う。人間関係全てがそうだ。心理的安全性だ。何でも話せる関係こそアイデンティティが高まる。そして行動から起こる上手くいくこと上手くいかないことの反応全てに学びがあり、失敗を恐れることなく安心して学び、昨日より明日の自分たちが...続きを読む
  • シンクロニシティ[増補改訂版] ― 未来をつくるリーダーシップ
    この本は良書です。でも、合理的に考えるとよくわからない本なので、頭で考えるのではなく感じることが重要だと思います。リーダーシップの「あるべき(Being)」を考える上では非常に参考になる書籍です。
  • 謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か
    いま70代とかの大先輩コンサルタントは、「正解を教える」「若輩者を指導する」というコンサルタントスタイルだったし、今でも、「私は何でも知っています」という「絶対的な自分」を演出するコンサルもいる。

    が、コンサル10年目にして、そーいうのはなんか違うよなーと、思っていたところに出会った本。

    コンサ...続きを読む
  • 謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か
    コンサルティングというよりはコーチングに近いことが言われているのかなと思った。ただいずれにしても、相手が得たい答えは相手の中にしかなく、支援者はそれを一緒に探すというよりは、相手が見つけられるようにサポートする、そのための質問を投げかける、見つけるためのプロセスの支援をするというスタンスが何より大事...続きを読む

特集