恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす

恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

『チームが機能するとはどういうことか』の著者であり、2011年以来、経営思想家ランキング「Thinkers50」に選出され続けている、エイミー・C・エドモンドソン教授最新刊!

篠田真貴子氏(エール株式会社取締役)推薦!
「心理的安全性ってそういうことだったのか!
心理的安全性の解釈が人によって違うことが気になっていた。しかし、本家本元による本書を読んで、すっきりと整理ができた。心理的安全性とは個人の資質ではなく集団の規範、ぬるい環境というよりもむしろ成果志向の環境なのだ。失敗と成功の事例を通して、このコンセプトへの理解が深まり、実践への示唆が得られるだろう。「恐れ」から解き放たれれば、私たちはもっと大胆に行動できる。」

Googleの研究で注目を集める心理的安全性。
このコンセプトの生みの親であるハーバード大教授が、 ピクサー、フォルクスワーゲン、福島原発など様々な事例を分析し、 対人関係の不安がいかに組織を蝕むか、 そして、それを乗り越えた組織のあり方を描く。


目次
はじめに
第1部 心理的安全性のパワー
第1章 土台
第2章 研究の軌跡
第2部 職場の心理的安全性
第3章 回避できる失敗
第4章 危険な沈黙
第5章 フィアレスな職場
第6章 無事に
第3部 フィアレスな組織をつくる
第7章 実現させる
第8章 次に何が起きるのか
解説 村瀬俊朗

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
英治出版
ページ数
320ページ
電子版発売日
2021年02月03日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
6MB

恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

    本書で取り上げられている「心理的安全性」という言葉は、グーグルのプロジェクト・アリストテレスによって非常に有名になった言葉である。
    本書内でも紹介されているが、プロジェクト・アリストテレスは、グーグル社内の、「生産性の高いチームの条件は何か」を調査・研究するためのプロジェクトであり、グーグルは、その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    チームのマネジメントやエンゲージメントを高めることで悩んでいる人にはオススメの本!非常に読みやすくて面白かった!
    マネージャーは、部下個人を変えることは出来ないけど、チームの心理的安全性を高めることによりメンバーに影響を与えることができる。好奇心、思いやり、失敗を共有することが大切で、心理的安全性を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月31日

    心理的安全性に関する理論だけでなく、事例も豊富。これだけ幅広いケースをどうやってリサーチしたのだろうと感心してしまう。教科書的存在。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月04日

    「ティーミング」(「チームが機能するとはどういうことか」)の著者で、近年、注目される「心理的安全性」の発見者による新著。
    内容はなんとなく想像できるものの、「ティーミング」がとても難しいことをとてもわかりやすく整理したものだったので、一応、読んでおこうというくらいのスタンスで読み始めた。

    最初のほ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    自信が40%しかない時でも発言できるのが心理的安全性
    心理的に安全な組織では、発言する→議論できる→自信のないものは不安を克服しやすくなる

    発言すべきではない、ではなく発言できない

    賛同できる主張が、効果的な主張であるかは別問題

    立場のなると忖度される側に回る
    できるだけ現場リーダーの声に耳を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月04日

     The Fearless Organization 「心理的安全性」がある状態であれば誰もが率直に意見提起ができ、失敗を恐れずにチャレンジすることができるため、結果としてイノベーションを起こしやすい組織となる。 ざっくり言うと上記が本書の主張であり(現実はどうであれ)ごもっともである。

     「心理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月15日

    ・知識労働が真価を発揮する為には、人々が「知識を共有したい」と思える職場が必要。これは、懸念や疑問、過ち、まだまとまっていない考えを伝えるということに他ならない
    ・どんな人でも朝、目覚めて気が重いのは、勤め先で無知・無能に見えたり、混乱をもたらす人だと思われたりする場合だ。人間は人生の早い段階で、無...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月28日

    翻訳が平易な文章なのでスラスラと読めてしまうけど、2周、3周と読まないと本質には辿り着けないように思った。
    心理的安全性は信頼とは違って、個人間ではなく組織、チーム、場の中に築き上げられるもの。
    上司の機嫌や自分の査定、人間関係への影響を気にすることなく、率直にものが言えるかどうか。どうやって心理的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    クラスを安心電話安全な場にするためには
    「心理的安全性」をクラスの中で育てていかなければならない。
    そのためには教師自身のあり方が大きな一因となるなと本書を読んで思った。
    失敗してもいい。そう思うのは簡単だが、日常のささいな出来事の中で、本当にそれができているだろうか。
    子どもたちに働きかける以前に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    心理的安全性をテーマにした本書。
    不確定な要素が多い世の中、新たなサービスや価値を生み出していくためには前線からのフィードバックやトライアンドエラーを繰り返しながら精度を上げていくことが大切。

    けっして甘えや緩みではなく、目的を共有しながら高い目標にむかって進んでいくチームこそが強い。

    事例も多...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています