生きてるだけで、愛。(新潮文庫)

生きてるだけで、愛。(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 432円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ。25歳の寧子は、津奈木と同棲して三年になる。鬱から来る過眠症で引きこもり気味の生活に割り込んできたのは、津奈木の元恋人。その女は寧子を追い出すため、執拗に自立を迫るが……。誰かに分かってほしい、そんな願いが届きにくい時代の、新しい“愛”の姿。芥川賞候補の表題作の他、その前日譚である短編「あの明け方の」を収録。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2018年06月22日
コンテンツ形式
EPUB
  • 映画化

    「生きてるだけで、愛。」

    2018年11月9日公開
    出演:趣里、菅田将暉、田中哲司

関連タグ:

「生きてるだけで、愛。(新潮文庫)」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年02月17日

エキセントリックな登場人物だけど、生々しいというか。
普段平らにして生きてる生活を掘り起こされる。見たくない自分を見せられる。
本谷有希子の中で一番好きかな。「腑抜けども〜」も捨てがたいけど。
素直に生きたいけど、他人に理解もされたい。社会に適応したい。寧子は何処までも正直で、人生に対して真摯だ。だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月16日

サラッと読めてずしっとくる感じ。
「あたしと同じだけあたしに疲れて欲しいって言ってんの。」って台詞にすごく共感した。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月29日

ずしりと響いた。
自分が自分のことをわかってないのに、それを全部分かってもらおうなんて無理な話、本当ですね。
葛飾北斎の波を描いた絵が、現代の技術を駆使して撮った写真とちょうどぴったり重なって見えるその確率5千分の1
それがうまくこの話を盛り上げてくれてて、実際にどんなものか見てみたくなった。
本当...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月15日

ふつうに生きたくても生きられない、葛藤。
繰り返す躁と鬱の中でもがく「わたし」の激しい湧き上がってくる感情が、恐ろしく悲しかった。
『あの明け方の』で二人の生活が清々しく描かれていて、一冊読み終えたときの読み応えと爽快感が残ったので、とても良い一冊だったと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月06日

生きにくさを抱えたメンヘラの女がもがき続ける様を、一人称で語った小説だ。

こんな風に生きにくさを抱えながら、自分と、世界と、いや、主に自分と闘っている人はこの現代にもたくさんいる。

いわゆるメンヘラという言葉でかたづけてしまえば簡単だけど、どうしてこんなにも生きにくい人をたくさん生んでしまったの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「生きてるだけで、愛。(新潮文庫)」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!