「丹羽宇一郎」おすすめ作品一覧

「丹羽宇一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年1月号

作品一覧

2017/12/08更新

ユーザーレビュー

  • 死ぬほど読書
    ■人権や命の尊厳といったものは近代以降に生まれた一つの概念であり思想に過ぎない。
    ■セレンディピティ(serendipity)とはすばらしい偶然に出会ったり予想外のものを発見するという意味であるが,本をよく読んでいるとこのようなセレンディピティは起こりやすくなる。
    ■読書は著者との対話。
  • 死ぬほど読書
    一読する価値のある本だった。

    ショーペンハウエルさんもきっとそう言うだろう。

    覚えておきたい箇所を抜き出す作業がほぼすべて?
    になりそうなので、
    キーワードだけメモっとこう。

    動物の血、
    作者と対話(読書は孤独な行為?)、

    それと、「どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた」で、
    学者の人...続きを読む
  • 死ぬほど読書
    【死ぬほど読書】
    ・与えられたものばかりで生きていると、「自分の頭で考える」ことができない
    周りから与えられた狭い世界のなかで、実利的な結果ばかり求める。そんな生き方は、精神的に不自由。

    ・ビジネスにおいて情報は生命線。一次情報は重要。情報の精度と質を高める。
    ・自分の無知を自覚する。どんなことか...続きを読む
  • 死ぬほど読書
    最近の財界人というか、経済・政治の著名人が
    書いた本のなかでは、稲盛氏と同様に興味深い内容
    だったと思いました。内容としては、読書を中心というか
    ベースにはしていますがどちらかというと啓蒙書なのですが。
    なかなかためになる内容が多かったと思います。
  • 死ぬほど読書

    死にほど読書

    読書の意義に迷っている人によい参考です。

特集