丹羽宇一郎の一覧

「丹羽宇一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

文藝春秋2021年11月号
NEW
880円(税込)

作品一覧

2021/10/08更新

ユーザーレビュー

  • 仕事と心の流儀
    仕事に対する考え方
    真面目に一生懸命に今の仕事に向き合うということ。
    こうやって真摯に取り組むと道は開けるのかな。
    人生の大先輩の話を聞かせていただく感覚でした。
  • 考えて、考えて、考える
    自ら考えて考え抜いている人達の対談は面白い。
    将棋のことはよく知らないが凄を感じた。
    藤井聡太棋士のプロとしての目標に対する意識が相対的ではなく、絶対的として捉えているのは、なるほどな〜と。
    そして過去に拘らず、次の一手に集中し続ける姿勢というのは本当にかっこいい。
  • 仕事と心の流儀
    もと伊藤忠会長の仕事論。
    商社マン特有の仕事大好き人間(偏見)かと思っていたが、失敗談だったり、周囲との不和だったりを読むと、誰しもが悩むことを、必死に乗り越えた人物だったことが分かった。
    仕事への向き合い方(1章)、社会人としての弛まぬ努力と勉強(2章・5章)が特に印象深い。
    他の著書も読みたい。
  • 人間の器
    人間の器についての心のありようや生き方について学んだ。結局は何もしなければ生まれず、自発的に人及び社会のために行動することが器を大きくすることに繋がる。
  • 仕事と心の流儀
    タイトルに惹かれて購読しました。

    働くということを考えさせられる一冊でした

    もっと自分の仕事に情熱を持って
    日々努力していきたいと思える一冊でした

    いい上司に巡り会うとこを楽しみにしています

    もっと早く読んでおけばよかった、、

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!