仕事と心の流儀

仕事と心の流儀

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「問題が多いことを喜べ。それは懸命に生きている証だ」「能力や適性に大差はない。開花するかは『どれだけ努力したか』の違いだけだ」「空気は読んでも顔色は読むな」「情熱が人を動かし、金も動かす」「誰にだってチャンスはある。でも勉強しないとチャンスはつかめない」。幾多のビジネスの修羅場を乗り越えてきた大先輩から懸命に仕事するすべてのビジネスパーソンに贈るエール。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2019年01月17日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

仕事と心の流儀 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月08日

    読んでいて、痛いところをザクザクもナイフで刺されているような気持ちになった。

    仕事ってなんだろ?つまらないのか面白いのかよくわからない。そんなことを考えていた自分にとってはすごくタメになった。
    著者が言ってるようにどの世代の人にでも刺さるものがあるのではないだろうか。

    読書を通して、なんだこんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月23日

    仕事の本質について考えさせられる本。働く上での考え方、心の在り方、迷った時に読むと参考になるかも。今の新しい働き方には準じてないかもしれないが、私は著者の働き方には共感を感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月15日

    とてもためになった。読書の方法は、作者が書いている通りに実践できれば、血肉となるのは理解できるがなかなか継続するのは難しいと感じた。伊藤忠の会長にまで登りつめる人は流石…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月20日

    人間として成長するためには努力であり、努力によって道が切り開かれ、限界の向こう側の世界に到達できると理解できた。本当に心に響く言葉が多くて、何ページも折ってた。

    (特に響いた言葉)
    苦しい時こそ天が与えてくれた機会と思って頑張れば、必ず道は開ける。
    悲観的に考えて楽観的に行動する。
    ワクワク、ドキ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月31日

    仕事で人は磨かれる、辛い仕事で人は成長できる、自分が正しいと思ったことは上司であってもきっちりと伝える、現場第一主義、コミュニケーションの重要さ。昭和のサラリーマンの香りが漂いますが、著者の信念と実績から出てきた言葉だけに説得力があります。仕事がキツイなと思った時に読むと勇気と元気をもらえます。少な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    佐藤康光九段がどこかで紹介していたので読んでみようと思って読んでみた。著者は伊藤忠商事で社長まで昇り詰め、バブル崩壊後の混乱から V字回復を成し遂げた立志伝中の人物。新入社員から部課長、役員、社長までそれぞれの心構えを説き、「野望」から縁遠くなった日本人の将来を憂う(実際は、時代が変わって、野望の種...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    正直者であるがゆえにサラリーマンとしての苦渋を味わい、苦難を生き延びた故に今これが言えたのであり、苦難に押しつぶされてしまった弱い人については何も触れられていない。説教臭く感じるのもそのせいだろう。精神論・根性論で苦難に立ち向かえと応援する内容。
    しかし、経営者として旧世代のエスタブリッシュメントと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月16日

    ★4.3(3.67)2019年1月発行。他の著者の本とダブっている箇所は何か所かあったが、今の若い人に伝えたいことが満載。「人間は死ぬまで努力」「清く、正しく、美しく」「仕事を通してどれだけ人間としてできあがっていくか」など、著作の生き方がよくわかる。これまでの著者の経験に基づいて書かれているだけあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月27日

    こういう本を欲していたので、とても心に響きました。自分の最近の仕事ぶりを指導してくださった内容で、繰り返し読みたい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月24日

    成長するためにどのように仕事をし、どのような心構えを持つ必要があるかを書いた本。
    自分なりに響いたのは以下。

    1.嘘をつくな、清く、正しく、美しく
    2.腐ったリンゴは元に戻らない
    3.損は想定の三倍になる
    4.通勤電車を読書ルームにせよ
    5.悲観的に考えて楽観的に行動する
    6.開花するかどうかはど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています