習近平はいったい何を考えているのか 新・中国の大問題

習近平はいったい何を考えているのか 新・中国の大問題

作者名 :
通常価格 789円 (718円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2049年、独裁体制は崩れる! 建国100周年の野望を予見! 商社マンとして30年以上中国と関わり、中国大使として2年半中国全土を歩き、政財界の要人とつき合ってきた著者が、「大国の覇権と激動の世界情勢」を語る。いまや中国抜きに国際情勢は語れない。20世紀を支配したアメリカの覇権は翳りをみせ、代わりに中国が経済的にも政治的にも急速に台頭。四半世紀前に比べ経済規模は25倍に膨らみ、中国をうまく活かすことが、日本ばかりか世界が生き残るためには不可欠な時代に――。2016年11月にはアメリカで新大統領が誕生し、2017年秋には中国で指導部人事が改まる。二つの超大国の指導部が入れ替わるこの2年間で、世界秩序は大きく転換する可能性があるのだ。前作、14万部突破のベストセラー『中国の大問題』から2年余り、習近平政権を知り尽くした元・大使が、中国の最新動向を分析して見通す“日本と世界の現在、そして未来”。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
280ページ
電子版発売日
2016年10月21日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

習近平はいったい何を考えているのか 新・中国の大問題 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年06月11日

    上海駐在から帰国した時の中国大使で、業界の大先輩でもある丹羽先生の本。気になっていたけど、まだ読んでなかった。
    中国の中の事、中国と日本との事。
    中国絡みだとなんでもネガティブな要素ばかりを強調する報道も多いけど、現実をとらえて、大国である中国とともに生きていく方法を見つけないといけないんだよな。世...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月17日

    好き嫌いは別として、中国が世界の覇者になる可能性があるのは間違いないだろう。
    その中国のトップである習近平を通じて今後の中国について考えさせられる。
    評論家や大学教授ではなく伊藤忠商事の元社長が書いた本。
    ビジネスの視点から中国との関係は必須とのこと。
    中国崩壊論者とは見識が違うように思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月22日

    伊藤忠商事の社長(1998~2004年)・会長(2004~10年)を歴任後、民間出身では初の駐中国大使(2010~12年)を務めた丹羽宇一郎氏が、習近平は中国をどこに導こうとしているのか、日本はその中国と今後どのように接していくべきなのかを考察したものである。
    概ねの主張は以下である。
    ◆国民の信頼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月10日

    現場で事実を正確に捉えることの大切さを再認識できる。日本ではなかなか語られない中国の仕組みから、中国の実情に納得させられた。日本の価値・個人の価値をどう高めていくか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています