「ヤマシタトモコ」おすすめ作品一覧

「ヤマシタトモコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ヤマシタトモコ(ヤマシタトモコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1981年05月09日
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

『くいもの処明楽』が2007年「このマンガがすごい!(BL部門)」で1位となる。『HER』、『ドントクライ、ガール』で「このマンガがすごい!2011 オンナ編」の1位・2位独占という快挙を成し遂げた。主にボーイズラブ系漫画で活動。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/25更新

ユーザーレビュー

  • 違国日記(1)
    最近はとみに「二つの文化の接近遭遇の機微」みたいなのを描いているヤマシタトモコさんの新作。
    槇生さんは言葉を大事にする人というところがありがたい。自分はダメな大人な方だけど、この状況に陥ったら、と思うとむしろ朝ちゃんのようなみぞおちになってしまいそうだ。
    こんご何が描かれていくのかとても気になる。
  • くうのむところにたべるとこ
    すげぇ。なんだこれ面白すぎるw

    ヤマシタトモコ先生のショートショート作品集ですが色々な登場人物が絡んだり絡まなかったり。


    年末の楽天安売りで超特価先着10名様限りのプロシェットを買おうとしたのを思い出した。

    ...あれ....生ハムだったんだ....
  • 違国日記(1)
    例えば幼いころ、大人はお菓子なんて食べないのだと思っていた。けれど実際はもちろんそうではないのだと、知ったのは自分が大人になったからだ。
    ヤマシタトモコさんの描く大人はすごく魅力的で、とても好きなのだけれど、その理由はそういうところにあると思う。子供が思っているほど完璧じゃない大人の姿が垣間見えると...続きを読む
  • 違国日記(1)
    叔母と姪の生活が始まる。
    久しぶりのヤマシタ先生の新刊と友人から聞いて購入。待ってました。
    ヤマシタ先生の描く関係性や温度感は驚くほど自身の理想と一致していて、この人はもしや私の魂を知っているのではないかと不遜にも勘ぐる。そんな独身の侘しい女の心を激しく掻き鳴らす、いつものヤマシタ節が光る1巻目だっ...続きを読む
  • ミラーボール・フラッシング・マジック
    表題作が『マグノリア』。ふとした会話の駆け引きやぎすぎすとか、予想外のジャブでドキッとさせられてしまう恋愛の小技みたいなものを描くのがやっぱり上手。ところで私は恋愛のテクニックにはレベルのようなものがあると思っているのですが、そのレベル差が大きい恋愛ではつねに片方が片方をリードする。優位に立っている...続きを読む

特集