花井沢町公民館便り(1)
  • 完結

花井沢町公民館便り(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2055年。わたしたちの町・花井沢町は、あるシェルター技術の開発事故に巻き込まれ、外界から隔離されてしまいました。どこにも行けず、誰もやってこない。遠くない未来、いずれ滅びることが約束された町で、わたしたちは今日も普通に生きています。『BUTTER!!!』『HER』『ドントクライ、ガール』など多彩な作風で知られるヤマシタトモコの最新作!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2015年03月23日
紙の本の発売
2015年03月
サイズ(目安)
56MB

花井沢町公民館便り(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    感想 花井沢町公民館便り(1)

    アカイロトウマス 2017年04月04日

    淡々と進む物語。
    閉ざされた環境内で生きる人々を描いた作品は少なくはない。だが、大抵の作品は人間の”欲望”がメインに出され、”人間性”を問う作品となっている。
    だが、この作品は違う。
    派手さは無い。
    欲を求める人間たちの過激な争いも無い。
    ”鳥籠”の日常を描いている一作品でしかないのだ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月27日

    花井沢町という、とても特殊な状況におかれた町のふつうの人たちの日々の短編集。
    風景の、人々の、空気のふつうさが、言葉やシンプルな絵柄によって強調されていて、それがより緊張感を誘う。

    だからどうしても自分の日々を思わずにはいられない。
    私の毎日は?私の大切な人の日常は?明日も同じように来るのかな?と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月16日

    やーーー、すばらしい。
    星新一のショートショートで有ったネタ「外からの攻撃は完全に防ぐ、けれど中からも出られないバリア」を、その後もそこに生きる人々を描いたSF、なのかな。
    やー、これは、おもしろい。
    もうある意味結論は出ちゃってるわけで、そこまでの間をいろいろな段階で良いシチュエーションだけ抜き出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月26日

    設定が斬新だけど切ない物語ですね。
    第1号の希の台詞の意味が分かったときは、悲しみで胸が打たれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月12日

    朝日新聞の書評見て即買い。アンダーザドームみたいな設定。深刻さはあまり出ない淡々とした日常的作品。2055年らしさってこのドームだけ。あとは今と少しも変わらない。短篇形式なので最初の話の女の子がどうなるのかめちゃめちゃ気になる。最後ですってどーゆーことなんやろ。二巻が早く読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月27日

    久々に震えた一冊。

    生物を通さない、見えない膜に囲まれた小さな町。そこに住む人たちの物語です。



    全員が全員の名前を知っている世界。
    そして、決して逃げられない世界。
    個人的には考えただけでゾッとするのですが、花井沢町の人々はそれを日常として(一種の)明るさを持って生活しています。
    しかし、狭...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月25日

    新技術のシェルター開発実験の事故により「生物を通さない見えない膜」に覆われてしまった町の日常。精神にくるエピソードが多いですが、これも彼らにとっての日常なんだな。
    「世界がもし100人の村だったら」ってやつを思い出しました。小さな町だけど、いろんな人がいて、いろんなことが起こる。表情豊かな作品でした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月05日

    外の世界から遮断されてしまった町。一見、何気ない日常の風景のようだけど、やはりどこか歪んでいて町の住民は蝕まれていっているようだ。三巻で完結のようだけど救いはあるのだろうか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月29日

    はっと感じる「境界」が鋭くて息が詰まることもありました。ラブラブカップルが変わらずラブラブでありますように

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月24日

    見えない壁によって隔てられてしまう人々の物語。全編にわたって切なさにまみれてる。
    導入から引き込まれるし、読み終わって最初に戻ると、喪失感みたいなモノが押し寄せてくるみたいな?

    巻数があるから、続くのだろうけど、この設定で色々な作家さんに物語を紡いでみてもらいたいなとか夢想する。 

    この作者に不...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

花井沢町公民館便り のシリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 花井沢町公民館便り(1)
    完結
    2055年。わたしたちの町・花井沢町は、あるシェルター技術の開発事故に巻き込まれ、外界から隔離されてしまいました。どこにも行けず、誰もやってこない。遠くない未来、いずれ滅びることが約束された町で、わたしたちは今日も普通に生きています。『BUTTER!!!』『HER』『ドントクライ、ガール』など多彩な作風で知られるヤマシタトモコの最新作!
  • 花井沢町公民館便り(2)
    完結
    2055年。わたしたちの町・花井沢町は、ある事故に巻き込まれ外界から隔離されてしまいました。どこにも行けず、誰もやってこない。いずれ滅びるこの町で、わたしたちは今日も普通に生きています。焼き立てパンが食べたい! パン屋を目指す女の子。閉ざされた町で、「どこにでも行ける魔法のじゅうたん」――小説を書く作家。望まない妊娠をし、子供を身ごもった女性の慟哭。町で起きる喜びと悲哀を、静かにつづる...
  • 花井沢町公民館便り(3)
    完結
    2055年。わたしたちの町・花井沢町は、ある事故に巻き込まれ外界から隔離されてしまいました。どこにも行けず、誰もやってこない。いずれ滅びるこの町で、わたしたちは今日も普通に生きています。町で生まれ育ち、外の世界を知らない希。彼女と境界越しに知り合って恋人になった「外」の住人・総一郎。二人は境界をまたいで家を建て、不格好な同居を始めるが……町で起きる喜びと悲哀を静かにつづる連作集、いよ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています