違国日記(1)

違国日記(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【電子限定!雑誌掲載時のカラー原画を特別収録!】35歳、少女小説家。(亡き母の妹) 15歳、女子中学生。(姉の遺児) 女王と子犬は2人暮らし。
少女小説家の高代槙生(こうだいまきお)(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(あさ)(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。対する朝は、人見知りもなく、“大人らしくない大人”・槙生との暮らしをもの珍しくも素直に受け止めていく。不器用人間と子犬のような姪がおくる年の差同居譚、手さぐり暮らしの第1巻!

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL YOUNG
ページ数
175ページ
電子版発売日
2017年11月22日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
58MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

人間はいつから「大人」になるのだろう?

両親の死によって、独身の叔母・槙生に引き取られた中学生・朝。
家にこもりきりの小説家である槙生は、独特な感性の女性。
一方で、朝は両親が死んだことに対して現実感を持てない、大人びた少女。
似ているようで正反対の二人が、日々の暮らしの中でやがて心の距離を近づけていく作品。

槙生が仕事に熱中するのを、さりげなくサポートするしっかり者の朝。その姿はお互いの年齢を鑑みると、ちぐはぐな風景でちょっとおもしろい。
けれど、家の外側や、人間関係のこととなると、槙生は迷いながらも、母性というよりは理性によって、的確な言葉で朝を導く。
15歳の朝にとって、それらの言葉はすぐに理解できないこともある。けれど、現実と照らし合わせながらじわじわと納得していく健気な姿がとても印象的。

では30歳を手前にした自分は槙生と朝、どちらに近い地点にいるのだろう?と考える。
「自分はまだまだ子供」だと思う。けれど、朝が戸惑っている幼い姿を見ると「こうしたらいいよ」と言ってあげたくなることが多々あった。
どんなに大人びていても15歳の朝が大人ではないように、アラサーの私も着実に大人になっているのか、と気づかされる。
槙生を「違国」と感じながらも、朝も確実に「大人」へ近づいている様子を、そっと見守っていきたい。

    Posted by ブクログ 2019年07月06日

    無くなった姉の子供を引き取る漫画
    涙が出てこない中学生と、コミュ障の小説家。
    二人の口から絞りでてくる生の言葉に目が離せない。
    うまく言葉にできないがよいマンガを読んだな〜
    好きだ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    ・この先 誰があなたに何を言って…誰が何を言わなかったか
    あなたが今…何を感じて 何を感じないのか
    ・わたしは決して あなたを 踏みにじらない
    ・日記は 今 書きたいことを書けばいい 書きたくないことは書かなくていい
    ほんとうのことを書く必要もない

    槙生語録のなかで一番刺さったのがこれ↓

    ・あな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月07日

    35歳の小説家の女性のうちに、両親を亡くした女子中学生が転がり込み同居をはじめるという話。

    ふたりの生活をたんたんと描いた地味な話のはずなのに、感情の描写が繊細だから、何かドラマが起きているように読めるのがすごい。今後、オルタナティブな家族の形を提示する話になるのかな。とてもよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月06日

    はい好き~~~。
    ヤマシタトモコは親子ではない感じの大人と子どもを一緒に住まわせるのが好きだな。私も好きです。というかヤマシタトモコによってそのようになったのだろうな。
    ご飯の絵はあんまり上手くない(というか書き込みが少ないというかササッと書いておられるのでなにを書いてるかが分かりづらい)のだけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月30日

    最近はとみに「二つの文化の接近遭遇の機微」みたいなのを描いているヤマシタトモコさんの新作。
    槇生さんは言葉を大事にする人というところがありがたい。自分はダメな大人な方だけど、この状況に陥ったら、と思うとむしろ朝ちゃんのようなみぞおちになってしまいそうだ。
    こんご何が描かれていくのかとても気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月08日

    ヤマシタ先生の独白が好き。
    料理とか掃除とか日常が書かれてるのがとてもいい。
    巡って戻って来たなという感じ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月14日

    最近いくらなんでも絶賛しすぎだなという自覚はあるのですが…「違国日記」の心地良さのひとつは本当に冒頭部分にあると思っていて、どんなことがあっても数年後には冒頭のあの空気になるんだ、と信じていられるので、必要以上に胸を痛めなくて済むのがなんか良いのです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月01日

    人見知りな小説家と、亡くなった姉の娘との同居生活。
    丁寧に描かれる生活感があるからこそ、心理描写やドラマが切実になる。
    詩的な表現が物語性を深めてて好き。
    不器用な女王と子犬のような王女。二つの国が一つの部屋で暮らす、静かであたたかな物語。

    叔母の槙生と姪の朝。この二人の関係性はもちろん、槙生と友...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月16日

    「へんな人と
    暮らしはじめた。

    お父さんとお母さんが
    死んだので。」

    35歳、少女小説家。(亡き母の姉)
    15歳、女子中学生(姉の遺児)。

    不器用女王と子犬のような姪が
    おくる年の差同居譚。
    手さぐり暮らしの第1巻!


    少女小説家の高代槙生(35)は
    姉夫婦の葬式で遺児の・朝(15...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    「あなたは 15歳の子供は
     こんな醜悪な場にふさわしくない
     少なくともわたしは それを知っている
     もっと美しいものを受けるに値する」

    両親を失った15歳と、人見知りの叔母との同居生活を描く。

    ヤマシタトモコの物語はいつも最高で最強にエモい。
    淡々と語るようで、その実ものすごく熱く訴えてくる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 違国日記(1)
    660円(税込)
    【電子限定!雑誌掲載時のカラー原画を特別収録!】35歳、少女小説家。(亡き母の妹) 15歳、女子中学生。(姉の遺児) 女王と子犬は2人暮らし。 少女小説家の高代槙生(こうだいまきお)(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(あさ)(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮...
  • 違国日記(2)【電子限定特典付】
    【電子限定!雑誌掲載時のカラー原画&6話のネーム特別収録!】人見知りの少女小説家・高代槙生(こうだいまきお)(35)が、姉の遺児・田汲朝(たくみあさ)(15)を勢いで引き取ってから、同居生活が始まった。卒業式のため久しぶりに中学校へ登校した朝は、とあるショックな事件により、親友・えみりに激昂して、学校を飛び出してしまう。ぐちゃぐちゃな心を抱えて帰った朝。しかし、家にいるのは“大人...
  • 違国日記(3)【電子限定特典付】
    【電子限定!雑誌掲載時のカラー原画&15話のネーム特別収録!】歩み寄る女王と子犬。両親の事故死により、田汲朝(たくみ・あさ、15)が小説家の叔母・高代槙生(こうだい・まきお、35)の家に住んでしばらく。親友・えみりを家に招いた朝だったが、槙生の人見知りが発動。「超超超超ひとりになりたい」と槙生は執筆に没頭した……。こちらを拒むかのような槙生の背中に、しょげる朝。そこへ通常モードに戻っ...
  • 違国日記(4)【電子限定特典付】
    【電子限定!雑誌掲載時のカラー原画&20話のネーム特別収録!】漫画界話題沸騰!叔母と姪の年の差同居譚。「――わけあって犬のようなものと同居することになった」“小説家・こうだい槙生”のエッセイを見つけた朝は自分(=犬!?)との暮らしを、「不思議な感じだ」と語る槙生の文章を読んだ。慣れないものの、新生活を咀嚼する槙生の言葉は柔らかい。そんな折、槙生は朝を連れて5年ぶりに実家に帰ることにな...
  • 違国日記(5)【電子限定特典付】
    【電子限定!雑誌掲載時のカラー原画&25話のネーム特別収録!】《人生の本棚に入る本》としてあなたの心の奥地に届く物語!人見知りの小説家(35) と 姉の遺児(15)がおくる手さぐり年の差同居譚。「姉がさ、日記を遺してたの朝宛だった」朝の亡き母・実里は日記を遺していた。20歳になったら渡す、という娘への手紙のような日記を。槙生にとっては高圧的な姉で、朝にとっては唯一無二の“母親”だった実里。...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「違国日記」に関連する特集・キャンペーン