サタニック・スイート(1)
  • 完結

サタニック・スイート(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『BUTTER!!』のヤマシタトモコが描く、多彩な世界を味わえる傑作短編集!2004~2005年に描かれた初期未発表作品3作を含む、計6作品を収録。魔法少女の奮闘日記あり、男子高校生の友情ものあり、少女と塾講師の純情過激なラブストーリーあり。どこにも描かれたことのないヤマシタワールドが広がる、ファン必携の短編集!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2012年08月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
64MB

サタニック・スイート(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月18日

    どストライク!!全部続きだしてほしいくらい!ラストのMUDは、描写をねちっこくやりたいくらい好みでした。
    ヤマシタ先生の物語は、どこか純文学的な雰囲気があって、好きだなあ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月09日

    短編の名手ですね……。個人的には最後のMudって作品が好きですがオチのあの子のあの台詞とか表情は素なのかそれとも演技なのか……とか考えて怖くなる。恋愛のこととか良く分かんないまま生きてきたけど、「順序」ってホントに大事だなということはひしひしと痛感する。あとヤマシタトモコさんって借金取りに何か因縁で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月17日

    ヤマシタトモコの短編集大好き!個人的にはねこぜの夜明け前が良かったな〜でもMUDもこの先忘れられない漫画になりそう。(良い意味で)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月28日

    MUDがとてもすき

    ヤマシタトモコ先生の漫画を読むと
    胸をきゅーっと掴まれる感覚を思い出せるのです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月05日

    じわじわくるー・・・!
    読み終わったあとじわじわくる。そして何度も読み返す。それがヤマシタさん。
    全部良かったですけどやっぱ「MUD」が・・・!
    SMプレイが生々しかったwwし、主人公の「現実に飽きている感」がすごく共感できた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月26日

    BL以外のヤマシタトモコ作品は実はそんなに好きではなかったのですが(ごめんなさい)、この短編集は素晴らしく良かったです。
    「サタニック・スイート」「ねこぜの夜明け前」「MUD」がお気に入りです。
    どれも今まで読んだ中のヤマシタトモコ作品で見た事のない演出や構図があって新鮮でした。
    「ねこぜの夜明け前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    日常から非日常まで、様々な要素の作品詰め合わせの短編集。振れ幅は大きいけれど、それぞれに面白くて引き込まれました。捨てられるかもだった過去原稿たちだったとは…捨てられなくてよかった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月29日

     「MUD」が一番好き。恋に落ちる様のなんとショッキングなことか。そしてドエム塾講師の可愛さたるや…好き…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月10日

    ヤマシタ・トモコさんの、未発表やら本としてまとまらなかった短編の集まり。
    運命の女の子につながるようなサタニックスイートとか、さんかく窓につながるような、ねこぜが好き。やっぱ超自然とか「見えちゃう人」好き。大好き。
    ビューティフルムービー超好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月05日

    「未発表でしかも投稿作」、…言われなきゃわかんないわ。
    『親が最低な人種で、借金背負って夜逃げして、未成年の娘が年上異性に居候』のシチェーションは、作者の萌えポイントとか、トラウマとか、ライフワークとか、よくわからんがそういうのなんでしょうか?
    エログロ、ホラーにある程度耐えられる方だけど、買おうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています