くうのむところにたべるとこ
  • 完結

くうのむところにたべるとこ

作者名 :
通常価格 677円 (616円+税)
紙の本 [参考] 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

焼肉をはさんで女がふたり。生ハムを前に男は妄想。糠に手を入れ、女が思う。恋を知らない者にはソーセージの奇跡を。鬼才・ヤマシタトモコが贈る、恋と食欲を謳うオムニバス!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ココハナ
ページ数
187ページ
電子版発売日
2017年01月01日
紙の本の発売
2014年02月
サイズ(目安)
28MB

くうのむところにたべるとこ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月26日

    すげぇ。なんだこれ面白すぎるw

    ヤマシタトモコ先生のショートショート作品集ですが色々な登場人物が絡んだり絡まなかったり。


    年末の楽天安売りで超特価先着10名様限りのプロシェットを買おうとしたのを思い出した。

    ...あれ....生ハムだったんだ....

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月30日

    ソーセージのくだりが最高だった。ちょっとした誤記らしきものはあるけれど、全体としてHERと同じくらい完成度が高い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月20日

    面白い♪最高♪ でも私ってばひとっつも共通するフェチがなかった!「うわぁ…エロい…」ともだえることもなく、「ほぉ~そうですかぁ。そんなところがツボなのですね」と淡々と読んでしまったのだが、いいんでしょうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月28日

    ベーコンの帯最高~b
    ヤマシタトモコ女子にありがちなドロドロ感が少なくて逆に良かった。
    それが好きな人には物足りないかも。

    たまに読んだらすごくおもしろい。良いバランスの短編集。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    bluebacketjp 2021年01月20日

    大好きなヤマシタトモコ先生の作品の中でも上位に来るくらい好き。
    読んだ後の満足感が最高です。
    何度でも読み返したくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    とても好きで何度も読み返しています。
    シュールでたのしいオムニバス。

    他のヤマシタさんの作品と比べるとドッと疲れるくらいの真に迫る重さはないです。テンポの良さや、ちょっと妙だけどいそうなキャラクター達の描写はそのままです。
    ちょっと妙な感性やヘキを持っている自覚がある人は、共感こそできなくても特に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月08日

    食事、の1場面を切り取って、そこに投影されている色んな人の色んな人生。
    チョーーーーー、面白かった。
    早く一発やれよとか、あまりにも素敵な会話をする老夫妻とか、妄想プロシュートとか。
    やーー、ホント面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月27日

    食をテーマにした14の短編。食はそのまま性欲に繋がるので、ちょっとだけ色っぽい話が多い。例えば、お互い気のある女子同士による焼肉を挟んでの微妙な駆け引きだったり、糠床混ぜながらムラムラする処女の話だったり。笑いをまぜつつ、人間関係の機微を非常にうまく描いている。期待通りに面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月19日

    「食」と「2人組」をテーマに綴られる群像劇。
    様々な登場人物が時には緩く絡むまったりしたムードや、いつものヤマシタ作品の3割増しのギャグなど好き勝手作った印象。だけどそれが物凄く面白い。バカップルの電車内での会話にムカつくエピソードと、テラスで巨乳に惹かれてビールとソーセージを食べだす読書家女子のエ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月18日

    この先生ほど、一本の線、それだけをエロく描ける漫画家は、私は『うどんの女』のえすとえむ先生以外には知らない
    しかも、えすとえむ先生はストーリーにもよるが、ヤマシタ先生の漫画は、内容にエロの欠片がなくても、画をエロく感じてしまう時があるのだから、冗談にならない
    その上、ストーリーにまで咀嚼のし甲斐があ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています